深夜まで銀座で大人数で宴会をしていた厚生労働省(厚生省)官僚や職員は誰?宴会の理由は?

時事・ニュース

2度目の緊急事態宣言が解除されたばかりの3月24日、厚生労働省に所属する官僚や職員ら23人が、深夜0時過ぎまで、銀座の居酒屋で宴会を開いていたことがわかりました。

緊急事態宣言が解除されていたとはいえ、銀座では、飲食店に対して引き続き営業時間の短縮要請が出されていたのにも関わらず、よりにもよって新型コロナウイルス対策を担う厚生労働省に属する官僚たちによる宴会だったとは、憤りを隠せませんね!

今回は、『深夜まで銀座で大人数で宴会をしていた厚生労働省(厚生省)官僚や職員は誰?宴会の理由は?』という内容で情報をまとめてみたいと思います。

厚労省職員が深夜まで銀座の居酒屋で宴会!

宴会の概要は?

東洋経済オンラインによると、2度目の緊急事態宣言が解除された3月24日に、厚生労働省の官僚ら23人が深夜0時過ぎまで宴会を開いていたとのことです。

二度目の緊急事態宣言が1都3県でようやく解除されてから、わずか3日後の3月24日。

東京で最大級の繁華街、銀座では飲食店に対する営業時間の短縮要請が継続していたこともあり、夜になると人影はまばらだった。

しかし、ある居酒屋は違った。1グループ23人もの参加者が集い、深夜まで盛大な宴会が催されていたからだ。

19時10分、人影もまばらな店内に、厚労省老健局の職員6人が訪れた。席に通されるやいなや、マスクを外して談笑が始まる。「今からまだまだ来るから」と言い、参加者が集まるのを待っていた。

この日は国会開催中だったため残業もあったのだろう。集合は三々五々、ぽつりぽつりと職員が店を訪れる。19時50分を回り、10人が集まったところで幹事の職員が「では乾杯しましょう」と発声。グラスを重ね、拍手が起きた。

参加者たちは出された食事をつまみながら、話に花を咲かせている。

感染防止などどこ吹く風で、誰一人マスクをせずに大きな声で盛り上がってきた。

濃厚接触間違いなしで、1人でも新型コロナになっていればクラスターの発生さえ危惧される。

その間に1人、また1人と店を訪れ、20時10分の段階で17人に。
幹事の「改めて乾杯しましょう」との掛け声に、「かんぱーい!」と大きな声が会場に響き渡った。

会は盛り上がっていたが、店側は困惑気味だった。というのも、時短要請によって21時に店を閉めなければならないのに、「これからまだ来るから」と料理の提供を一時的に止められていたからだ。

23人目となる最後の厚労省官僚が訪れたのは、営業終了時間を30分も過ぎた21時30分ごろ。
盛り上がっているため店側も中断させることができず、スタッフは「まだまだ終わりそうにないなぁ」とぼやいていた。

結局、宴会が終わったのは22時30分ごろだった。

23人もの厚労省官僚が、マスクなしで深夜まで宴会をしていた事実だけでも驚きだ。

しかし、これで終わりではなかった。
話が尽きなかったのか、支払いを済ませた後もぐだぐだと店に残り、全員が店を出たのは日付が変わる寸前。

地下鉄の駅に急いで向かう職員もいたが、一部には「もうこの時間だし」と言ってタクシーで銀座を後にしていた。

緊急事態宣言の発令中には、全日本国民が必死に我慢して自粛していたのにも関わらず、自民党や公明党の議員が銀座のクラブへ通ったり、会食を繰り返し、離党や辞職に追い込まれたことも記憶に新しいですね。

今回、緊急事態宣言は解除になっていましたが、飲食店に対しては21時までの時短要請が継続していた時期のことです。
総勢23人という大人数で集まり、マスクもせずに大声を出して会食をしていたという事実に愕然としました。
しかも、集まったのは、コロナ対策の総本山と言われる厚生労働省の官僚たちです。
緊急事態宣言の解除で気が緩んだというには、あまりにも軽率ですよね。

厚生労働省の官僚たちの宴会が深夜に及んだことにより、会場となった銀座の居酒屋や、そこで働く従業員の方に対しても、非常に迷惑をかける行為です。

そもそも、厚生労働省内では、「感染リスクが高まる5つの場面」に該当するような以下の行動は避けるよう指示されていたと言います。

①飲食を伴う懇親会等
②大人数や長時間におよぶ飲食
③マスクなしでの会話
④狭い空間での共同生活
⑤居場所の切り替わり
このうちの①~③について、完全にアウトです。

ネット上の声

コロナ対策の中枢を担っている厚生労働省官僚による非常識ともいえる宴会開催について、ネット上には厳しい意見が多数あがっています。

政治家でさえ辞職や離党になっているのだから懲罰は必須。
解雇もしくは地方へ島流しにして二度と東京に戻さないぐらいしてほしい。

官邸や官僚は、ルールは自分たちが造り、そのルールの適用は国民で、自分たちは偉いから枠の外と思っているからやったのでしょうね!

ルールを守らなかった店舗には罰則をつける法律を作って官僚たちがこういうことをやっても何の罰則もないのか
まして自粛を呼びかけている厚生労働省の人間たちがこんな宴会を開いていったい何様だと思っているのだ

厚生労働省ってコロナの最前線で国民を守る省だよね。
今、退職する人が続出の看護師さんとかこのニュース見たらどういう気持ちになるのだろう。
政治家のキャバクラ行っちゃいましたにも腹が立ったが、このニュースはコロナになってからのこの1年で、一番許せない。

相も変わらず無責任な官僚。政府としてもっと厳しくすべきでは。政府議員もいい加減だから官僚にきつく指導もしないかも。政府・官僚・閣僚があまりにも危機感の無さ。これが日本を動かしている人間の姿。店に対してのペナルティもさることながら議員・官僚・閣僚に対してのペナルティも必要では。

国民も経済的な負担を強いられ、1年以上も我慢の生活をしているわけだ。
感染防止対策を先頭に立ってやらなくてはいけない諸君のマスクを外しての大騒ぎ、さすがにコレはダメだろう。

感染防止のために、国の先頭に立ち、対策を推し進めてきた厚生労働省の方々が、日々どれほどの激務に身を置かれているかということは、想像に容易いと言えます。
ですが、「自粛」「我慢」を強いられ限界にきた国民の感情を逆なでするような行為をしてしまったということは間違いありませんね。

深夜まで銀座で大人数で宴会をしていた厚生労働省(厚生省)官僚や職員は誰?

今回、深夜0時過ぎまで銀座の居酒屋で宴会を開いていたのは、厚生労働省老健局の職員とのことです。

厚生労働省幹部名簿(令和3年1月31日)によると、老健局に所属する職員として、以下の氏名が記載されていました。

【老健局】

老健局長土生 栄二(はぶ えいじ)
総務課長竹林 悟史(たけばやし さとし)
介護保険指導室長稲葉 好晴(いなば よしはる)
介護保険計画課長山口 高志(やまぐち たかし)
高齢者支援課長齋藤 良太(さいとう りょうた)
認知症施策・地域介護推進課長笹子 宗一郎(ささご そういちろう)
認知症総合戦略企画官菱谷 文彦(ひしたに ふみひこ)
老人保健課長眞鍋 馨(まなべ かおる)

また、老健局を併任している官僚も4名いました。

【老健局併任】

審議官横幕 章人(よこまく あきと)
間 隆一郎(はざま りゅういちろう)
企画官栗原 正明(くりはら まさあき)
医療介護連携政策課長山下 護(やました まもる)

「老健局」で検索すると、以上12名でした。
宴会は23名とのことですので、さらに倍以上の参加者がいたということですね。

深夜まで銀座で大人数で宴会をしていた理由は?

東洋経済オンラインの取材によると、厚生労働省の官僚が、大人数で深夜0時過ぎまで銀座の居酒屋で宴会を開いていた理由は以下のとおりです。

厚労省によれば、この宴会は人事異動に伴う送別会だったという。

そのため異動対象者がみんなの前で挨拶、その都度、「お疲れ様でしたぁ」との歓声と拍手が起きていた。

厚生労働省の人事異動が公表されるのは、3月31日が予測されますので、宴会の参加者がさらに明らかになる可能性もありますね。

これまでの労をねぎらっての「送別会」の開催は、わからなくもありませんが、開催方法については、もっと気を配るべきだったのではないでしょうか。

まとめ

今回は、『深夜まで銀座で大人数で宴会をしていた厚生労働省(厚生省)官僚や職員は誰?宴会の理由は?』という内容でまとめてみました。

厚生労働省内では、日々の激務でストレスが溜まることも理解できますし、息抜きがしたくなる気持ちも人としてわかります。
ただ、感染防止対策を先頭に立って国民に示すべき立場にあることを、忘れてほしくないですね。

厚生労働省と言えば、大臣は「田村 憲久(たむら のりひさ)」氏です。
田村 憲久大臣は、「孤独問題担当大臣」でもありますね。
「孤独問題担当大臣」については、コチラに記事を書いていますので、よろしければご一読ください。

孤独担当大臣が日本で設置された理由は?孤独担当大臣の仕事は何?
日本では聞きなれない『孤独問題担当大臣』が突然任命された背景と、すでに『孤独問題担当大臣』が存在するイギリスと比較しながら、日本での『孤独問題担当大臣』がどのような仕事をすることになるのかについて考察していきたいと思います。

また、田村 憲久大臣の娘さんと言えば、アナウンサーの田村真子さん。
田村真子アナウンサーについては、コチラの記事をどうぞ!

【TBS】田村真子アナは父親に似ている?かわいいのは美人の母親ゆずり?
TBS系情報番組『グッとラック!』が3月26日で終了となり、後番組として3月29日から、番組MCにお笑いコンビ麒麟の川島明さんと田村真子アナを迎えて、新情報番組『ラヴィット!』が始まります。 番組名は、お気に入りを意味する「Love it...

コメント

タイトルとURLをコピーしました