賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるお店はどこ?賞味期限40秒の理由と口コミも調査!

ライフスタイル

4月12日放送の「教えてもらう前と後」の番組内で、賞味期限が40秒というの焼き鳥が紹介されました。
賞味期限が40秒って、どういうこと!?ということで今回は、『賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるお店はどこ?賞味期限40秒の理由と口コミも調査!』という内容で情報をまとめていきたいと思います。

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるお店はどこ?

賞味期限が40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるのは、コチラです。

Tosaka-na Dining Gosso (トサカ―ナダイニング ゴッソ)

お店は現在、3店舗あります。
それぞれ特徴がありますが、いずれの店舗も、照明が暗めで、落ち着いた大人の雰囲気が漂う内装です。

【横浜店】

住所神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-4
電話番号045-620-9990
営業時間17:00~翌1:00
定休日年中無休
平均予算¥3,000~¥3,999
総席数100席
Web予約コチラから

【武蔵小杉店】

住所神奈川県川崎市中原区小杉町3-441
電話番号044-733-3550
営業時間17:00~翌2:00
定休日年中無休
平均予算¥3,000~¥3,999
総席数63席 (VIP隠し別室あり)
Web予約コチラから

【溝の口店】

住所神奈川県川崎市高津区溝の口1-18-12 アーベインビル1F
電話番号044-820-8440
営業時間17:00~翌2:00
定休日年中無休
平均予算¥3,000~¥3,999
総席数86席(45名様までの個室あり)
Web予約コチラから

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」とは?

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるお店「トサカ―ナダイニング ゴッソ」の「ゴッソ」とは、宮崎の方言で、“ごちそう”という意味があります。
宮崎と言えば、とり天やチキン南蛮など、鶏料理で有名ですよね。
「トサカ―ナダイニング ゴッソ」では、鶏や野菜を中心に、”ごちそう”料理を堪能できるようです。

その店名を、そのまま冠したのが、噂のメニュー。

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」 ¥220

お店の商品説明によると、

鶏の稀少部位である白レバーに豚の網脂を巻き、表面をパリっと中身はとろとろに焼き上げた至高の逸品です。

とのこと。
聞いただけで食べたくなります。

賞味期限40秒を死守するために、「ごっそ玉」と一緒にタイマーもついてくるとか!
ちなみに、不測の事態で40秒を超えてしまった場合は、作り直すのだとか・・・
職人魂を感じますね。

焼き上がりから、お客様へご提供までの様子が、Youtubeにアップされていました。

焼きあがるまでの様子を見ると、本当に美味しそう!
そして、焼き上がりと同時にダッシュ!
こうやって、40秒を死守しているのですね。

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」の口コミは?

実際に、賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」を食べた方の口コミを調べてみました。

ゴッソ玉おいしいです!プリプリ網焼きレバーです。

これはうまい!
中がほどよくとろっとしてますっ!
レバー感なく、あっさりしてるフォアグラみたいなw
猫舌にはきついけど、がんばって40秒で食べました笑
しかもおかわりも笑
連れもレバーきらいなのにうまいと食べてました笑

賞味期限40秒のゴッソ玉はタイマー付で出てくるから
なんか焦って味が解らなかったけど(笑)
写真も撮れなかった~。。。
表面のパリパリと柔らか~いレバーの食感とが面白かった。
あつーい! とにかく中まであつあつ! そして、肉汁がこぼれてきてジューシー! このジューシーさは焼きたてならではかもしれない。

「ごっそ玉」の美味しさの秘密は、希少部位の白い鶏レバーを豚の網脂で巻いて焼くことで、ジューシーさを閉じ込めていることにあるようです。
豚肉で外側を巻いて網焼きすることで、食感もパリッとしそうですよね。
出来立て熱々を食べてみたいです。

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が賞味期限40秒の理由は?

「ごっそ玉」には、なぜ40秒という賞味期限を設けられたのでしょうか?

その理由は、できたてアツアツの方がおいしいため、1秒でも早く食べてほしいからという思いからだそうです。

なんとも、全うすぎる理由ですね。
出来立ての料理を提供することは、美味しさの鉄板ではありますが・・・。

では、なぜ40秒にこだわったのでしょうか。
その驚愕の理由がこちらです。

「足が遅い人が走っても、房から店内の一番奥の席まで行ける時間が40秒だったから」とのこと。
40秒の賞味期限で提供までに40秒だと、期限切れになるのでは・・・と思ったが、一番遠い席でも、提供までにかかる時間は、現在10秒前後とのことだ。

料理がサーブされるまでの時間も考慮されていたのですね。
提供までに10秒かかるとすると、30秒で食べきってしまわないといけないということになります。

賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が賞味期限40秒の理由は、「足が遅い人が走っても、房から店内の一番奥の席まで行ける時間が40秒だったから」でした。

まとめ

今回は、『賞味期限40秒の焼き鳥「ごっそ玉」が食べられるお店はどこ?賞味期限40秒の理由と口コミも調査!』という内容でまとめてみました。

熱々の焼き鳥を約30秒ほどで食べきってしまわないといけないとは、猫舌さんにはちょっとツライかもしれませんね。

「出来立てを1秒でも早くお客様の元へ!」というお店の真摯な想いに応えるためにも、ぜひ時間内での完食を目指してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました