爽やかな酸味が特徴。「酢」も発酵食品です!

酢発酵食品の調味料

醤油や味噌は、発酵食品としてよく知られていますが、酢も発酵食品だということを知っている人は、意外と少ないかもしれません。
さわやかな酸味で料理を引き立たせる酢。
調味料としてはもちろんですが、健康にも良いとして、薬として扱われていたこともあるんですよ!
今回は、「酢」について、その歴史やパワーについてお伝えしていきます。

酢の歴史

酢の原材料や製造方法は様々ですが、基本的にはアルコールが空気中の乳酸菌が付着して発酵して生まれたものです。
古代中国では、漢方薬として使われていたほど、昔から身体に良いものとされていました。
日本に伝わったのは4~5世紀とされていますが、庶民の間に浸透したのは江戸時代に入ってからです。
ご飯に酢を混ぜたものが、いなり寿司やにぎり寿司へ発展していきました。

酢のパワー

「すっぱいものは身体に良い」と、一度は耳にしたことがあるのでは?
最近ではサワードリンクとして取り入れる人も増えてきましたね。
具体的に、酢にはどんな健康パワーがあるのか見ていきましょう!

疲労回復

酢に含まれる酢酸やクエン酸には、疲労回復の効果があります。
クエン酸はレモンにも含まれているので、運動部のマネージャーさんがレモンのはちみつ漬けを差し入れるシーンはあるあるですね。THE 青春!
酢にはアミノ酸も含まれているので、筋肉疲労の回復させてくれる働きもあるので、はちみつレモンもいいですが、差し入れには、サワードリンクもいかがでしょうか。

食欲増進

食欲がない時など、酢を少量摂取してみてください。
適度な酸味が消化器官に働きかけ、胃液の分泌を促進してくれます。
そのまま酢を飲むと胃に刺激が強いので、飲みやすいリンゴ酢などを薄めて飲むのをおススメします。

血糖値・コレステロールの抑制

食事をすると血糖値が上がりますが、酢には糖質の消化・吸収を遅らせる働きがあります。
普段の食事の中で、1日あたり大さじ1杯程度の摂取が良いとされています。
また、酢酸にはコレステロールや中性脂肪を低下させる作用もあることが科学的にも証明されていますので、内臓脂肪が気になる方も毎日大さじ1杯のお酢を続けてみてはいかがでしょうか。

酢の種類

酢は、お酒から造られますので、そのお酒の種類によって様々な種類の酢が出来上がります。
大きく分けると、果実を発酵させて造る「醸造酢」と調味料等で味を加えた「合成酢」に分かれます。

加工酢(合成酢)

醤油や砂糖、香辛料などを加えて造られた酢です。
すし酢や三杯酢などがあり、「食酢」とは区別されています。

穀物酢(醸造酢)

米、小麦、大麦、酒かすなどの穀物を1つまたは2つ以上使用して醸造したものが穀物酢です。
一般的に出回っているのがこのタイプです。
ただし、米酢・米黒須・大麦黒酢とは区別されます。

果実酢(醸造酢)

果物を1つまたは2つ以上発酵させて造る酢。
果物の種類によって色や味わい、成分も変わってきます。
最近では自分で手作りする人も増えてきました。
色々な種類があり、とても飲みやすいので、ぜひ試してみてください。

ユキ
ユキ

私は「酢」が大好きで、果実を発酵させて作るフルーツ酢を炭酸水で割って、毎日飲んでいます。ジュースみたいで美味しいですよ!

いろいろな種類が出ていますので、スーパーのお酢売り場で覗いてみてください。

まとめ

酢がなぜ身体に良いと言われるのか、わかっていただけたでしょうか。
もしそのまま飲むのは苦手・・という方は、例えば炒め物やスープに加えてみるのも
おススメです。ちょっとした隠し味になりますよ。
健康のためにも、毎日大さじ1杯の酢を摂取する・・ぜひ習慣にしたいですね!

発酵食品の調味料
ユキをフォローする
Yukilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました