梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の経歴や結婚している夫は?お店情報や店名の由来も調査!

社長

東京都世田谷区、池ノ上駅にほど近い住宅街の中に、開店前から行列ができるという人気のパン屋さんがあります。

それが、「étéco bread(エテコブレッド)」。
まるで美術品のような、たっぷりと具材を盛りつけたデコラティブな商品で話題のお店ですが、その山小屋風の小さなカワイイお店の店主である梶原夏子さんが、6月22日放送の「セブンルール」で密着取材を受けています。

梶原夏子さんがどんな女性なのか、とっても気になります!

そこで今回は、『梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の経歴や結婚している夫は?お店情報や店名の由来も調査!』という内容でまとめていきたいと思います。

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の経歴や結婚している夫は?

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の経歴は?

さっそく、梶原夏子さんの経歴について調べてみました。

梶原夏子さんは、東京都中野区出身44歳(2021年6月現在)です。
小さい頃からの夢は、お菓子屋さんを開くことだったようです。
その夢を叶えるべく、フレンチレストランや有名洋菓子店で、なんと20年も調理経験を積んでこられました。

その後、2019年6月に現在のお店、「étéco bread(エテコブレッド)」をオープンさせました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の結婚している夫は?

梶原夏子さんは、41歳の時に、同じパン職人の梶原裕さんとご結婚されています。
ご結婚してから、まだ3年ほどなんですね!
お子さんについては、情報はありませんでした。

étéco bread(エテコブレッド)」は、ご結婚後に2人で開かれたお店だそうです。
もともとは、梶原夏子さんが「焼き菓子店」として構想していたのですが、パン職人の梶原裕さんとご結婚されたことで、パン屋になりました。

オープン以来、毎朝3時半から厨房に立ち、ご主人の梶原裕さんが焼いたパンに、梶原夏子さんが具材を作ってデコレーションをしたり、焼き菓子やキッシュを作っているとのこと。

梶原夏子さんがフレンチレストラン勤務の経験で培った、ソース作りや下処理などが、の梶原裕さんのパンを引き立てているんですね。

職人の2人が厨房に入ることで、喧嘩になったりしないのかな?と思いますが、しっかりと役割分担が出来ているなんて素敵です!

ちなみに、梶原裕さんも、20年以上のパン職人歴がある方だそうです。
梶原裕さんが経験を積んだお店の1つに、フランス・パリの人気ブーランジェリー&カフェ「ゴントランシェリエ」の名も挙がっています。

ちなみに、”ブーランジェ”とは、”パン職人”のこと。
なので、”ブーランジェリー”は”パン屋”という意味です。
さすがフランス語!響きがオシャレ♡

ゴントランシェリエ」は、パリの3つ星レストランを経験したフランス出身の4代目ブーランジェであるゴントランシェリエ氏の名前が、そのまま店名になっています。

ゴントランシェリエ」は2012年から日本でも店舗展開されていたのですが、2017年に撤退しているんですよね。
それがなんと!
2021年7月10日に再上陸するそうですよ。
あの名物クロワッサンがまた食べられるようになると思うと、楽しみですね!

まずは、東京・青山に1号店が。
福岡にも来てくれないかなぁ・・・。

【ゴントランシェリエ 東京青山店】
オープン:2021年7月10日
所在地 :東京都 渋谷区 神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 1F
定休日 :年末年始
営業時間 :7:30~21:00

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)のお店情報や店名の由来も調査!

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)のお店情報は?

étéco bread(エテコブレッド)のおすすめ商品について

梶原夏子さんが店主を務める「étéco bread(エテコブレッド)」のおすすめ商品について調べていきますね。

午前10時のオープン前から行列ができるという大人気店。
小さな山小屋を彷彿とさせるウッド調温かみある店内には、自家製素材を使ったパンが常時30種類ほど並んでいます。

特に、デコラティブにフルーツが盛りつけられた美術品のようなデニッシュの人気が高いようです。
発酵バターが折りこまれたデニッシュ生地は、一層一層が厚めですが、サックサクの食感を楽しめるとのこと。

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

大きなクロワッサンも外せないようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

とにかく、ギュウギュウにあんこが詰まった「アンパン」も ぜひ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

シンプルに「食パン」の人気も高いのだとか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

まとめると・・

全部美味しい!以上!

étéco bread(エテコブレッド)のお店情報について

梶原夏子さんが店主を務める「étéco bread(エテコブレッド)」のお店情報について調べてみました。

étéco bread(エテコブレッド)」は、商品の見た目の美しさや、美味しさはもちろん、梶原夏子さんの丁寧な接客姿勢も人気の秘密です。

つい、色々と話しかけてパンの特徴やこだわりなど聞いてみたくなるところですが、接客は梶原夏子さんが1人で対応されているとのことですので、込み合っている時は控えた方が良さそうですね・・。

【「étéco bread(エテコブレッド)」お店情報】

住所東京都世田谷区代沢2-42-7
電話番号03-6877-0433
営業時間10:00~売り切れ終了
定休日月・火曜休及び不定休
予約不可
支払い方法現金のみ
駐車場なし

【「étéco bread(エテコブレッド)」の地図】

梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の店名の由来を調査!

梶原夏子さんが店主を務める「étéco bread(エテコブレッド)」の店名の由来について調べてみました。

「eteco(エテコ)」とは、フランス語の「été(夏)」と日本語の「ko(子)」を合わせた造語になっているようです。

つまり、「エテコ=夏子」ということですね!

梶原夏子さんが務めていたフレンチレストランのフランス人シェフが名付けた愛称だそうです。
それがそのまま、お店の名前として使われているんですね。

ご自分の名前が店名として掲げられた「étéco bread(エテコブレッド)」、梶原夏子さんのお店に対する思い入れも、ますます深くなることでしょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

eteco bread(@eteco_bread)がシェアした投稿

まとめ

今回は、『梶原夏子(eteco breadエテコブレッド)の経歴や結婚している夫は?お店情報や店名の由来も調査!』という内容でまとめてみました。

日常の暮らしに「美しいパンを選ぶ幸せ」「ひと口目を頬張ったときの幸せ」を提供したいという思いで、夫婦二人三脚でパンを作り続ける梶原夏子さん。

2人の職人のこだわりと愛情がたっぷり詰まったパンを、私もぜひ食べてみたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました