美味しくて栄養たっぷり!「飲む点滴」と言われる甘酒について

甘酒色々な発酵食品

あなたは、甘酒がいつの季語が知っていますか?
実は、「夏」なんです。
なんとなく、冬に身体を温めるために飲むイメージがありますよね。
実際は昔から、食欲や体力が落ちる暑い夏の時期に冷やして飲むのが一般的だったため、夏の季語となっています。
今回は、そんな「飲む点滴」とまで言われる甘酒について、お伝えしてきます!

甘酒の歴史

甘酒の起源は、日本書紀に記されている「天舐酒(あまのたむざけ)」だと言われています。
酒といっても、米を口に含んだものを発酵させているため、アルコール分はほとんどなく、ドロドロとした飲み物でした。
その後、江戸時代には「甘酒売り」が出るようになり、夏の風物として庶民の間で人気だったようです。
これが、甘酒が「夏の季語」とされる所以です。

甘酒の種類

甘酒には、大きく分けて2種類あります。
一つが米と麹で造られる甘酒、もう一つが酒粕と砂糖から造られる甘酒です。
2つの違いについてみていきましょう!

米麹甘酒

米と麹、水のみで造られます。
米麹甘酒米のデンプンが麹菌によって糖分に分解されているだけで、砂糖は含まれていません。
ほんのりとした甘さが特徴で、「酒粕甘酒」しか飲んだことがないという場合は、甘酒の印象が変わるかもしれませんね。
美容にも健康にもメリットがあると言われ、テレビや雑誌などでブームを起こした甘酒は、こちらの「米麹甘酒」の方です。
今ではスーパーでも色々なメーカーの米麹甘酒を見かけるようになりました。

酒粕甘酒

酒粕

酒粕を水で溶いて、砂糖で甘さを加えたのが「酒粕甘酒」です。
酒粕にはアルコールが含まれているので、酒粕甘酒もアルコールに弱い人や妊婦さん、小さなお子様も気を付けてください。
砂糖が入っているので、ダイエットには不向きですね。

甘酒のパワー

「飲む点滴」と言われる甘酒。
実際に、どのような栄養があるのかを見ていきましょう。

9種の必須アミノ酸

甘酒には、なんと体内で合成できない9種類の必須アミノ酸が、すべて含まれているんです。

  • バリン
  • イソロイシン
  • ロイシン
  • メチオニン
  • リジン
  • フェニルアラニン
  • トリプトファン
  • スレオニン
  • ヒスチジン
ユキ
ユキ

必須アミノ酸は、人体の20%を占めるタンパク質を構成し、「生命の源」とも呼ばれています。
私たちの健康を支えるのに必要不可欠な成分が、甘酒にはすべて含まれているのですね!

その他の栄養素

必須アミノ酸だけではなく、ビタミンB群や食物繊維、葉酸やオリゴ糖なども含まれています。
さらに、甘酒は身体への吸収率も高く、麹に含まれる酵素の働きによって、免疫力の活性化や整腸作用にも良いとされています。

まとめ

「飲む点滴」と言われる甘酒についてお伝えしてきました!
私も甘酒は、自分で手作りして毎朝飲んでいます。
起き抜けの身体に、ほんのりとした優しい甘さのある甘酒の糖分が染みわたって、元気に一日を始められますよ!
ちょっと最近疲れ気味・・・というあなた!
栄養ドリンクの前に、まずは甘酒を試してみてはいかがでしょうか。

色々な発酵食品
ユキをフォローする
Yukilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました