わかっていても|全話ネタバレあらすじと感想まとめ!【Netflix】

わかっていても

6月20日(日)から、Netflixで韓国ドラマ「わかっていても」が配信開始となりました。
配信時間は、おおよそ日本時間0時~1時の深夜帯となっています。
韓国では現地時間23時から配信なので、その配信終了後となりますね。

”過去のトラウマから愛は信じないけど恋愛はしたい女性”と、”他人と関わりたくないけど恋人未満の女友達はほしい男性”のハイパーリアリズムロマンスが描かれるということで、2人の気持ちの動きや駆け引きなど、見所満載のようです。

IMDbのレーティングは、【8.2】となっています。(2021年6月現在)

あらすじやキャストは、コチラでまとめていますので、よろしければご覧くださいね。

【Netflix】「わかっていても」全話ネタバレあらすじは?

エピソード1:運命なんかないとわかっていても

【運命の出会い】

ホンソ大学で彫刻を勉強しているユ・ナビは、付き合っている彼の言うことを何でも聞いてしまうような従順な女子大生。
ある日、その彼が他の女性とキスしている現場を目撃してしまい、自分が二股をかけられていたことに気付いて別れを選択します。

心に大きな傷を負ったナビが、ある日バーで一人で飲んでいると、首の後ろに「蝶」のタトゥーがある青年が、待ち合わせた人物と間違えて声をかけてきました。

目が合った瞬間に、心を奪われてしまうナビ。

間違えに気付いて、一度はその場を去った青年ですが、再び戻ってきて、2人は少しの間、時間を共有します。

ダーツの賭けに負けてしまったナビは、青年の願い事を一つだけ聞くことになりました。
それは腕に「蝶の落書き」をすること。

「蝶」が好きだという青年は、「ナビ=蝶」の名前の由来を尋ねます。

それは、ナビの叔母が好きな小説の一説にある言葉でした。

”幸せは蝶のようだ。捕まえようとすると逃げて、じっとしていると肩に留まる”

トイレにたったナビが戻ってくると、青年は女性と電話をしているようでした。
元カレに二股をかけられて傷ついたナビは、そのまま何も言わずに店を後にします。

【再会】

それからナビは、どこにいても何をしていても、青年のことが気になって仕方ありません。
交換留学の希望は出しているものの、教授からは難色を示され、課題も思うように進みません。

ある日、親友のビンナに誘われて、飲み会に行くことに。

店の前に着くと、店の前でばったりと、あの青年と再会します。
青年の名前は、パク・ジェオン。
ナビと同じ大学に通う、2年後輩で、ビンナがナビに引き合わせようとしていた人物でした。

飲み会では、向かい合って座り、楽しく過ごしていましたが、ジェオンの女性店員に対する優しい態度にモヤモヤして、席を立って店の外へ出てしまいます。
そこにジェオンがやってきて、みんなのアイスを買いに行こうと提案。

再会できたことを、素直に表現するジェオンに戸惑うナビ。
彼女はいないというジェオンですが、電話で話している女性の存在が気になります。

【心が通じ合う】

ジェオンの事が気になって仕方ないナビ。
教室で課題に取り組んでいるところに、ジェオンがやってきます。
少しずつ打ち解けていく2人。

飲みに行こうと誘うジェオンに、ナビが尋ねます。

「私と飲むのが好き?」

ジェオンは「好き」と答え、ナビはジェオンと心が通じ合っていると確信します。

見つめ合ったまま、顔が近付いていく2人・・・。

エピソード2へ続く

ユキ
ユキ

ジェオン役のソン・ガンと、ナビ役のハン・ソヒの顔面偏差値の高さに圧倒されました!もうそれだけでお腹いっぱい(笑)
本当に美しいし、絵になる2人です。
事前情報では、もうちょっとナビがクールな感じなのかと思ったのですが、意外と簡単に恋に落ちましたね・・。
「心が通じ合っている」なんて確信しちゃいましたし。
ジェオンがかなり女慣れしている様子なので、また傷ついちゃうのでは・・・と、心配です。

エピソード2:私だけじゃないとわかっていても

【親友の警告】

唇が触れる直前、ジェオンの携帯がなります。
相手を確認した後、飲みに行くのを明日に延期してほしいとジェオンに言われ、不信感を持ちつつ、受け入れるナビ。

親友のビンナからは、ジェオンはチヤホヤされたいだけだから、諦めた方がいいと釘を刺されます。
ナビが傷つくのを心配しているようです。
「ただの友達」と言い張るようですが、明らかにジェオンを意識しているナビ。

【2匹の蝶】

ジェオンの希望でクラブにやってきたナビ。
周りの騒音などお構いなしに、2人の世界に入り込み、次第に顔が近付いていきます。
もう少しで唇が触れそうになった時・・・・

踊っていた女性にぶつかられて、またキスはお預けです。

気持ちを落ち着かせようとナビはトイレに行きますが、戻ってくるとジェオンがいません。
外で一服しているとメッセージが届き、ナビも外に出ました。

ナビが声をかけるよりも先に、ジェオンに近づく女性。
ジェオンの友達のようです。
彼女は他の仲間との集まりにジェオンを誘いますが、ナビに気付いて、女性の誘いを断ります。

女性はナビに「一緒に遊ぼう」と誘いますが、その時に見えた女性の手首には、ナビと同じような蝶のイラストが描かれていました。

「自分へのアピールだから、気にしないで」とジェオンは伝えますが、ショックを受けるナビ。
険悪な雰囲気のまま、その日は別れました。

【夢】

大学では、教授からも期待されている優等生のソルが、その親友ジワンのデッサンのモデルをしています。
女の子らしくて愛らしいジワンが、合コンで会った男性と、また会うことになった話を聞いて、複雑な表情を浮かべました。

ビンナも、ナビにモデルをさせていましたが、あまりに無理な態勢を取っていたため、倒れてしまいます。
そこに、どこからともなく駆けつけてナビを抱えるジェオン。
ナビは、ジェオンの思わせぶりな態度に戸惑います。

「もう騙されない」と心に決めつつも、ジェオンからのアプローチに気持ちが揺らいでしまうナビ。

ジェオンが助教授から、今学期のみのアルバイトを頼まれました。
断ろうとしますが、ナビにも声がかかっていることを知り、考え込みます。

ある日、自宅でナビが寝ていると、インターホンがなました。
玄関を開けると、そこにいたのはジェオンでした。

ジェオンはいきなりナビにキスをして、2人はそのまま体を重ねる・・・。

という、ナビの夢でした。

【ジェオンの優しさ】

そんな夢を見てしまったナビは、大切な授業に遅刻してしまいます。
代わりに午後からの授業で、発表をすることになりました。

午後の授業には、ジェオンも出ていました。
ナビの横に座りますが、体の異変で上手く受け答えできないナビ。

発表の最中に、生理が来てしまいました。

ナビはなんとか発表を終え、急いで教室を出ますが、その後をジェオンが追ってきます。
事情を悟ったジェオンは、自分が来ていたシャツを、ナビの腰に巻き付けました。

そんなジェオンの細やかな心遣いと優しさに、心を打たれるナビでした。

【ハッキリさせたい】

ジェオンとの仲を深めていくナビを心配して、ビンナはジェオンがナビを特別扱いしているのかどうか確かめるために、飲みに誘います。

飲み会には「要注意人物」も来ると聞いて、ナビも参加することになりました。
ジェオンのSNSアカウントのフォロワーが女性ばかりなのを見て、不安になるナビ。
飲み会で、自分が特別扱いをされているのかどうか、ハッキリさせようと決意します。

【ソルとジウンの不思議な関係】

飲み会の当日、ソルの事が好きなセウンは、ジウンにソルを連れてくるように頼みます。

飲み会が嫌いなソルは、断るだろうと思っていたジウンですが、ソルはあっさりとOKします。
ジウンが、セウンの事をどう思っているか聞くと、「面白い人」と答えたソル。
その答えが気に食わなかったのか、ジウンは不機嫌になってしまいました。

【付き合ってない】

飲み会にやってきたナビは、遅れてきたジェオンとは席が離れてしまいます。
ナビの左隣には、後輩のウナンが座っていました。
積極的に話しかけていて、ナビに気があるようです。

右隣に座っていた先輩のセクハラ発言に気分を害したナビとジェオンは席を立ち、一緒に飲み物を選んで外に出ました。

外で一服していると、セクハラ先輩も出てきて、2人に付き合っているのかと尋ねます。

ジェオンは「なんでもない」と答えます。
その答えにショックを受けたナビはその場を後にしました。

落ち込むナビを、ビンナが励まします。
ジェオンをよく思っていなかったビンナですが、ジェオンのナビに対する態度を見て、いつもとは違うと感じたようです。

【地獄の門が開いた】

ナビの自宅で2次会をすることになりました。

ゲームをすることになり、空き瓶の口が向いた人は、正面の人とキスをするかお酒を飲むルールです。

ソルにあたり、キスをしようとするジウンを制して、ソルはお酒を選びました。
そして、一服すると席を立ちます。
途中、以前にコーヒーをかけてしまったチョン・ジュヒョクから電話が入ります。
ジュヒョクのことを知らないジウンは、ソルに尋ねますが、「知り合い」と答えられ、納得がいかない様子。

ナビにも瓶の口の向きが当たりました。
正面に座るジェオンと、ほぼ同時にお酒を手にします。

場がしらけてしまい、一服するために外に出る友人たち。
ジェオンとユンジがいないことに気付きます。

友人を見送りに出たナビは、ジェオンがユンジとキスをしているところを目撃します。

「ゲームの続きで、ただの罰ゲームだ」と言い訳をするジェオン。
「本当は君としたかった」とナビの目を見つめながら、近づきます。

「心が通じ合っていると思ってた」というジェオンを制して、ナビは自分からジェオンに唇を合わせました。

キスをしながら、ナビは心の中で「地獄の門が開いた」とつぶやきます。
これからこの恋が、波乱に満ちたものになることを、自分でも理解しているように。

エピソード3へ続く

ユキ
ユキ

もぉ~~!何回、寸止めするんやぁ!

・・と途中で発狂しそうになりました(笑)

結局「夢オチ」という結果ではありましたが、結構きわどいベッドシーンがあったので許します。

ちょっとジェオンさんは、かなり問題ありますよね。
こういう人を「人たらし」っていうんでしょうね。
もともと前彼から二股かけられて傷ついているのに、敢えてジェオンみたいなタイプに近づいてしまうとは・・・。

慎重かと思いきや、意外と簡単に落ちてしまったナビにちょっと驚いてしまいました。

あと!ソルとジウンの関係も気になります。
ジウンは、なんとなく「親友を取られそうな嫉妬」っぽいですが、ソルの気持ちは真剣っぽい。

今後ジュヒョクも絡んできて、面白くなりそうです♡

エピソード3:始まってしまったとわかっていても

【いっそ恋ならいいのに】

お酒の勢いもあって、ジェオンとキスをしてしまったナビ。
部屋に戻り、ベッドの中で「いっそ恋ならいいのに」と、嫉妬からキスをしてしまったことに、スッキリしない様子です。
眠れずに起き上がると、床で寝ていたジェオンも起き上がり、2人はただ見つめ合いました。

朝になり、朝食を食べにソルとジウンは、カフェにやってきます。
ジウンは2人の仲を勘ぐり、ナビが失恋したばかりなので心配だとソルに話しますが、ソルは、元カレよりもいいし、ナビとジェオンはなんとなくお似合いだと答えました。

大学の屋上で、ナビはスマホで「お酒の勢い キス」と検索しました。
検索画面に出てきた「それで寝たら、セフレ」という言葉が目に入り、慌てるナビ。
そこへソルがやってきたので、ナビは思わず「キスしたいということは、その人と寝たいということ?」と聞いてしまいます。
ソルは、「相手による」とクールに答えました。

ソルの答えが頭から離れないナビは、ジェオンにとって、自分はどんな存在なのか気になり、スケッチブックに「ワンナイト」と書いては、打ち消すようにその文字を塗りつぶします。

教室にビンナとギュヒョンが入ってきました。
マッチングアプリで身体だけの関係を持つ相手を探すビンナに、ギュヒョンは「何の意味がある?」と聞きます。
そんなギュヒョンにウンザリして「セックスと恋愛を結びつけないで」と反論。

授業の最後に、教授から「芸術にはインスピレーションが大切だから、もっと恋愛をしなさい」とハッパをかけられる学生たち。

教授の「ワンナイトでもいいから」という言葉に、「なんて悲しい」と複雑な表情を浮かべるナビでした。

【お詫び】

コーヒーをかけてしまったお詫びを渡そうと、ソルがジュヒョクを人気のご飯屋さんに誘いました。
そこでジュヒョクが、ソルと同じ大学の卒業生だということがわかります。
お詫びとして現金が入った封筒を渡そうとするソルですが、ジュヒョクは受け取りません。
結局、ご飯屋さんの会計もジュヒョクが払い、代わりにソルとまた会うことを提案します。

食事が終わりバス停に向かう2人を、デート中のジウンが見かけます。
ソルが男性と2人でいるのを初めてみるジウンは、声をかけずにそのまま立ち去りました。

【元カノ】

元カノのソラから連絡が入り、空港に彼女を迎えに来たジェオン。
ナビからのメッセージに、返信はしませんでした。

夜遅くまで、1人で課題に取り組むナビが、小腹を満たそうと外に出ると、ジェオンも作業をしているところを見かけます。
電話がかかってきて、ソラに会いに行くところを、つい後をつけてしまうナビ。
まるでストーカーみたいな行動に、自己嫌悪になります。

【可愛い後輩】

コンビニにやってきたナビは、そこでバイトをしている飲み会で会った後輩のウナンと話します。
ナビに好意を持つウナンは、ナビからスマホを借りて、自分の番号を登録しました。

そんな様子を、偶然見ていたジェオン。
ソラから、「知り合い?」と尋ねられますが、「友達」と答えます。
ソラは、ジェオンの様子に何かを感じ取ったようです。
「ナビ(蝶)の出会いは運命?」と聞くソラに、「俺の運命は君だ」と答えます。

その日の夜、早速ウナンから連絡が来て、明日のフリマに誘われます。
積極的なウナンに、悪い気はしないナビ。

ナビの恋愛を面白がるビンナは、ウナンが相手になると残念そう・・。

教室でデッサンを描いていると、ウナンが差し入れを持ってやってきました。
ナビを映画に誘います。
そこへジェオンがやってきて、ナビに馴れ馴れしい態度を取ったため、ナビは怒ってジェオンを連れ出します。

怒るナビに、「何もしないから、ヤツと上手くやれ」と冷めたように言い放つジェオン。
ナビはその場から立ち去ろうとしますが、追いかけてきたウナンと鉢合わせます。
その場で、映画の約束をOKしました。

【デート】

ナビとウナンは、一緒にご飯を食べたり、映画デートを楽しみます。

デートの終わりにナビを抱きしめてキスをしようとするウナンですが、その顔を見て、ナビは思わず吹き出してしまいます。

ウナンとのデートは、とても楽しくて、ナビが望んでいたデートのスタイルですが、なぜか自分がウナンとジェオンを比べてしまうことに気付きます。

その日、ナビはジェオンの連絡先をスマホから削除しました。

【フリマ】

ウナンとの約束通り、フリマにやってきたナビ。
ウナンと話していると、親しげに女子がウナンの腕をとります。
彼女は、一度ウナンを振っているのですが、また連絡が来るようになったようです。
ナビは、代打扱いされていたのです。
ジェオンに、その様子を見られていたことが恥ずかしくて、ショックを受けるナビ。

フリマに、ソルがジュヒョクを連れてやってきました。
カップルゲームで盛り上がる2人に、ジウンは冷たい態度を取ります。

打ち上げで酔いつぶれてしまったビンナは、介抱するギュヒョンにキスをしました。
ビンナに想いを寄せるギュヒョンは、そのまま激しく口づけを交わします。

【救急車】

体調が悪く、ベッドで寝込んでいるナビのところへ、ジェオンから電話がかかります。
「今から会う?」と聞かれたところで、スマホが充電切れになってしまいます。

薬を買いに外に出て戻ってくると、家の間に救急車が止まっていることに驚くナビ。
急いで階段をあがると、そこには取り乱した様子のジェオンと、ドアをこじ開けようとしている救急隊がいました。
事情を説明し、謝って引き取ってもらいます。

【信用させて】

ナビが部屋に戻ると、ジェオンが差し入れを持ってやってきました。
お礼に、カップラーメンを作ろうと、ジェオンを部屋に通します。

薬のせいで眠くなったナビをベッドに運ぶジェオン。
会った時からナビに惹かれていたというジェオンに、ナビは「行動で信用させて」と答えます。

ナビが目覚めると、ジェオンはナビの手を握ったまま、ベッドの横で座ったまま眠っていました。

そんなジェオンの様子に、本気で自分を想ってくれているのでは・・とジェオンを信じ始めたナビ。

身支度をしているジェオンに、「前髪を下して」とお願いすると、ジェオンに「代わりに髪を結んで」と言われ、ベッドに上がったジェオンに髪を結ってもらいました。

「キレイだ」と言われたナビは、ジェオンにキス。

そして2人は、そのままキスをしながら体を重ねます・・・。

エピソード4へ続く

ユキ
ユキ

まず言いたいのは・・・ウナン!なんだお前!!ってことですかね。

ウナンのおかげで(?)ジェオンの嫉妬心を煽ることができたので、ストーリー的には良かったのかもしれませんが、ちょっとイラっとするキャラクターです。
被害にあったナビ本人が、大して気にしてないようなので、私が怒るのもなんですが(笑)

多分、もう出てこないと思いますけど。

ジュヒョクが結構積極的でいいですね。
ソルがすごくクールな感じなので、大人なカップルになりそう・・

ここでジウンがわかりやすくジェラシーをむき出しにしているので、この3人の今後の展開もますます楽しみ!

お酒の勢いとはいえ、かなりディープにキスしたビンナとギュヒョンも気になりますが、意外とビンナが忘れちゃったりして、ギュヒョン可哀そう!な構図になりそうな気がしないでもない・・。

ジェオンについては、どこまで女の扱いに慣れているのか、経験値の測定が不可能で恐ろしいです。

本人に「女の子みんな好き♡」という博愛精神が宿っているので、全く悪気はないし、嘘をついているわけでもないのでしょう。

私から見ると、もう悪魔にしかみえないんですけど(笑)

とうとう、身体の関係を持ってしまった2人。
ナビが沼にハマっていくのは明らかですが、とにかくこの2人が並んだ画が美しいので、もうずっと見ていたい♡なんてヨコシマな考えが頭をよぎってしまったエピソード3でした。

エピソード4:愛ではないとわかっていても

【夜だけ会う関係】

一度身体を重ねてから、ナビは心の中では否定しながら、どうしてもジェオンに惹かれてしまい、関係を絶つことができません。

2人の関係は周囲に内緒のまま、身体の関係を続けることになります。

ジェオンは、ナビの日常の一部になってしまいました。

夜だけ会う関係の2人ですが、会っている時は普通の恋人同士のようにふるまいます。

ジェオンの真意を測りかねるナビですが、2人の関係は良好だと感じているようです。

【友達の紹介】

酔った勢いでキスをしたビンナとギュヒョンも、身体の関係に。
恋愛関係を築きたいと考えるギュヒョンですが、気まずさから拒否するビンナ。

ビンナから「私の事が好き?」と聞かれて、答えられなかったギュヒョンは、「気持ちを整理する」と宣言。

みんなでランチ中、後輩からギュヒョンに、女の子の紹介話が持ち上がりました。
ギュヒョンのことが気になっている子がいるようです。
その場にいたビンナは、否定的な態度です。
ギュヒョンは、女の子の写真を見せてもらって、まんざらでもない様子。

ある夜、ビンナは、ギュヒョンが紹介された女の子とデートをしているところを見かけます。
ビンナも、マッチングアプリで出会った男性とデート中でしたが、ギュヒョンたちがいるお店に入り、横に座ります。

驚いて、せき込むギュヒョン。
2人の様子をガン見した後、「この店は大したことないみたい」と、すぐに席を立ちました。
見せつけるように、店を出ていくビンナ。

【デートのお誘い】

ジェウンから、日曜日に展示会に一緒に行こうとデートに誘われたナビ。
実はその日は、ナビの誕生日でした。

実家に帰るつもりだったナビですが、叔母から「一緒に居たい人と一緒にいなさい」と言われ、ジェウンの誘いを受けることに。

ところが、一度はOKしたものの、身体の関係だけの相手と誕生日を過ごすのは間違っていると思いなおします。

学校帰りのバスの中で、断りの電話をジェオンに入れると、ジェウンはソラとデート中でした。
蝶を逃がさないの?と聞かれて、「まだ手放したくない」と答えるジェオン。

【再会】

ジェオンに断りの電話と入れたバスの中で、ナビは10年ぶりに幼なじみのドヒョクと再会します。

ナビも知っている、評判の良い麺屋で働いているというドヒョク。
ナビは、ドヒョクと連絡先を交換しました。

バスを降りる時、雨が降っていましたが、一緒に降りて傘を差して、家の近くまで送ってくれたドヒョク。
ナビと再会できて、とても嬉しそうです。

お店に遊びに行く約束をして別れました。

【誕生日】

誕生日にナビが実家に戻ると、母親は家に男を連れ込んでいました。
「また後回し?」と悲しくなったナビは、家を飛び出します。

駅で電車を待っていると、反対側のホームにジェウンの姿が。
ジェウンはナビに気付くと、ナビのいるホームにやってきました。

そのまま2人はショッピングデートをして、ナビの家へ。

ジェウンがナビに、インスタントのわかめスープを作ろうとして、苦戦しています。
(韓国では、誕生日にはわかめスープを飲むという風習があります。)

そのままキッチンでジェウンに詰め寄られ、抗えないナビ。

ソファで抱き合って横になっていると、ジェウンのスマホに空から着信が。
ジェオンは、「友達が大変なんだ」と、ナビの元を去ってしまいます。

【お祝い】

ジェオンが帰った後、空腹を感じたナビは、ドヒョクのお店に行ってみることにしました。

お店には、ドヒョク一人だけ。
ドヒョクはナビを誘い入れ、わかめスープとケーキを出してくれました。
ケーキにはロウソクが立ててあります。
ドヒョクは、ナビの誕生日を覚えていたのでした。
ナビは願い事をして、ロウソクの火を吹き消しました。
ドヒョクと昔話に花を咲かせながら、「昔に戻りたい」とつぶやくナビ。

【噂】

ジェオンからプレゼントされた服を着て、登校したナビは、友達のことを聞きますが、上手くはぐらかされ、壁を作られたと感じます。

2人がいちゃついているところを、他の生徒に見つかってしまいました。

教室では、合宿について話し合いをしていました。
その中で、ジェオンとナビが怪しいとのうわさ話も・・。
ジェオンは恋愛をしないというビンナの発言に、「割り切った関係?」と声があがりますが、ギュヒョンが「雑談は後にしろ」と一蹴。
そこへ、ジェオンがやってきました。
合宿の下見に行かなければいけませんが、ジェオンは不参加のようです。

【合宿の下見】

ナビの服を見て、ジウンが褒めてくれました。
ジウンは、体調を壊して学校を休んでいたようで、少しやせていました。

先日、ソルと言い合いをしてしまったジウン。
ソルとジュヒョクの関係も、交換留学の事も聞かされていなかったジウンは、ソルに冷たい態度を取り、ソルからも「その程度の程度の中だったのかもね」と言われていたのです。

ソルが心配していたとナビはジウンに伝えますが、その言葉をスルーしたジウン。

2人で教室に入りますが、どこか気まずい雰囲気が流れます。

ナビは、合宿の下見に行くかどうか聞かれますが、ジェオンとアイコンタクトで「いかない」と答えます。
そんな様子に、周りもニヤニヤ。

【別れの決意】

ナビの前に、浮気をした元カレが現れました。
ジェオンの噂を聞いた元カレは、ナビが遊ばれていると忠告しに来たのです。

ナビは、「人のこと言える?」と元カレを追い返します。

学校でも、ジェオンの悪い話を耳にしたナビ。
ジェオンとナビの噂が広まっていることも知り、ショックを受けます。

そこへ教授がナビの作品を観にやってきました。

「自分の人生はだれも責任を取ってくれない」
「卒業を前に、こんなことでいいの?」

教授から厳しい言葉をかけられたナビは、ジェオンと手を切る決心をします。

ジェオンを目の前にすると、頭が真っ白になって別れの言葉が出てこないナビ。

そこに、1台の車がやってきて、男が降りてきました。
ジェオン本人であることを確認すると、男はいきなりジェオンを殴りつけました。

エピソード5へ続く

ユキ
ユキ

ナビがどんどんジェオン沼にはまっていきますね・・。

エロ度がどんどん増してきていますが、キレイだから「いやらしさ」がないですよね。

ココは重要ポイントだと思います。
2人が抱き合っている画がどんどん出てきて、それはそれで見ている分には嬉しいのですが、まぁ正直なところ、やりすぎじゃないかと。

若いし、いいのか。

とりあえず、病気は持ってないみたいだし!
避妊しなさいと忠告してくれる人もいたし。
周りは意外とそういう関係に冷静なんだなぁと感じました。
ジェオンがそういう人だと知っていて、止める人が周りに一人もいないのかなぁとちょっと不思議ですね。

「他に女がいる?」と聞かれて、「いない」と即答できるジェオンもすごい胆が据わっているというか・・。
ソラに「運命はお前だけ」みたいなこと言ってましたよね?
全く、どの口が言うか!

ギュヒョンとビンナの関係、気になります。
とってもわかりやすく、ビンナは焼きもちやいているし。
ギュヒョンはめちゃくちゃ男気が溢れているし、絶対ジェオンよりこういう人がいいわと思ったり(笑)

そして今回、ナビに想いを寄せるドヒョクが登場!

見るからに、良い人オーラが全開じゃないですか。

そして、高橋一生さんをもう少し若くした感じにそっくりじゃないですか。

なんとなくこんな感じ。ダメ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋一生(@isseyta_1209)がシェアした投稿

 

最後で、また訳の分からないオジサンが登場。

いきなり殴る?普通、殴る?

突っ込みどころ満載ですが、こうやって私もどんどん沼にハマっていくのです(笑)

エピソード5:変わらないとわかっていても

【別れ】

ジェオンに突然殴りかかってきた男の前に、立ちはだかるナビ。
男に突き倒されて、アクセサリーが壊れてしまいます。
近くにいたソルとジワンが駆けつけ、警察に通報。

男は、ジェオンと関係がある女性の兄でした。
女性には婚約者がいるにも関わらず、ジェオンとの関係が男に知れてしまい、怒って押しかけてきたようです。

そんなジェウンに、嫌気がさしたナビは、「もう終わりにしよう」と告げ、ジェオンは「君が決めることだ」と答えました。

「あなたって、とことんクズだね」と告げ、ナビはその場を立ち去ります。

ジェオンは男の妹に会い、連絡は取らないようにしようと告げました。

【会いたい】

大学で顔を合わせても、話すこともなくなったナビとジェオン。
それでも、ナビはジェオンの事で頭がいっぱいで、授業に身が入らず、教授から怒られてしまいます。

家に帰ると、玄関のドアに小さな紙袋が。
中にはピアスとネックレスのセットが入っていました。

ジェオンからの贈り物だと気付き、嬉しくなり、さっそく身に付けるナビ。
お礼を言おうとジェオンに電話をかけると、登録していたジェオンの電話番号は、すでに使われていないようでした。

ジェオンの面影を思い出し、会いたくて寂しくなるナビ。

一方ジェオンは、以前、ナビが見たがっていたことを思い出し、前髪を下すようになりました。

ソラからの連絡を受けて、病院へやってきたジェオン。
ソラは貧血があるようです。

前髪や携帯番号を変えたジェオンに、何かあったのか尋ねます。

ジェオンは、「自分に嫌気がさした」と答えました。

【初めての告白】

ビンナは、ギュヒョンが女の子とカフェでチョコミントを食べているのを見て、ショックを受けます。
以前、チョコミントが嫌いという点で、ビンナと意気投合していたのです。
大学でも、ギュヒョンに冷たくあたるビンナ。

ある日、ギュヒョンがフラれたという噂を耳にしました。
元気がなく、飲み会にも参加しないギュヒョンの様子が心配なようです。

飲み会では、ビンナが酔いつぶれてしまい、ギュヒョンが迎えに行くことに。

ビンナをおぶって帰ろうとすると、ビンナがギュヒョンに絡みだします。

ギュヒョンは、チョコミントは不眠症に効くと聞いて食べていたようです。
ビンナの事を想うと、毎晩眠れなくなったのが原因でした。

「まだ私を口説くの?」と聞くビンナを引き寄せて、キスをするギュヒョン。
ギュヒョンにおんぶされながら、ビンナは「他の女と会わないで、私とだけ会って」と初めての告白をしました。

【発表会】

ドヒョクの店で、翌日の発表会の準備をしているナビ。
ドヒョクは、応援の気持ちから、ナビにリップをプレゼントします。
店の店長にも、ドヒョクの気持ちはバレバレ。
気付かれるのは時間の問題だとからかわれます。

翌日の発表会当日、ドヒョクと電話で話していると、ジェオンがやってきて、ちょっかいを出してきました。
慌てて電話を切るナビ。

ジェオンから「髪を結んだ方が良い」と言われたナビは、髪を結んで発表に臨みます。

発表が終わり、ジェオンと、ファン・ジスクが助手として立候補し、ナビは2人を助手にすることになりました。

【仲直り】

留学を諦めたことを、ジワンに話していないソル。
教授から言及されたことで、ジワンの耳にも入ってしまいます。
せっかく仲直りしたのに、「また内緒にしてる」と機嫌を損ねるジワン。

ソルは、ジワンと離れるのがイヤで、留学しないことを決めていたのです。

発表会当日、ジワンはソルの発表を聞いて、大きな拍手を送りました。

【共同作業】

作品の製作にあたり、ジェオンが使っている金属加工の工場へ行くことになりました。
その工場の2階が、ジェオンの部屋。

ジェオンは、ナビに冷たく当たったことを謝り、「俺も変わりたい」と告げました。
「恋愛でもするの?」と聞いたナビに、「少しずつ変わっていけば、恋人に出会えるかも」と答えるジェオン。

ナビが慣れていない金属を扱う作業を、ジェオンがリードして作業を進めます。

ナビの作品が好きだというジェオンの言葉に、励まされるナビ。
ジェオンは、新しくなった電話番号をナビに伝えました。

それから、ナビは集中して製作に取り組み、教授からも良い評価を受けます。

共同での作業は順調に進み、ナビは2人の気楽な関係に安らぎを覚えるようになりました。

【元カノ】

ある日、大学にソラがやってきます。
飲み物を買いに来たナビに、ソラは「ジェオンから友達だと聞いている」と話しかけてきました。

ジェオンとの関係を聞くナビに、挑発するように「元カノで、まだ付き合っている」と答えるソラ。

そんなソラに対し、髪は切らない方が良いと告げるナビ。

理由を聞くソラに、答えました。

「ジェオンは、結んでヤルのが好きだから」

エピソード6へ続く

ユキ
ユキ

ナビ、かっけぇぇぇ!!

今回、最後で思わず叫んでしまいました(笑)

強烈な先制パンチをソラにお見舞いしましたね。

いや、先制ってわけでもないのか・・・

挑発してきたのは、ソラの方ですしね。

大人しそうですが、売られたケンカは買うタイプでしょうか。

この2人のバトル、激しそうで楽しみです。

結局、ジェオン沼からは抜けられなかったナビですが、ジェオンが少しずつ変わり始めた様子も見せています。

まぁ、そう簡単に変われるとは思いませんが・・・。

ドヒョクも絡んできましたので、ますますドロドロ具合が濃くなっていく予感ですね。

絶対、ドヒョクを選んだ方が幸せになれるやん。

と思うんですが、ジェオンは沼ですからね、沼。

ソルとジワンも、気になります。

ジワンと離れたくないから留学をやめるって・・・。
いくら親友でも、そこまでする?

そして!ビンナとギュヒョンがカップルに♡
いやぁ、いいですね。

この2人、ナビとジェオンとは、また違ったエロさがあります。

ギュヒョン、キス上手いってよ。

ギュヒョン推しの私には、たまらん情報でした(笑)

 

エピソード6:愛などないとわかっていても

【行方不明】

ソラと言い合いをしたナビは、授業にも出ず、友人からの電話やメッセージにも反応がなく、行方が分からなくなってしまいます。

ソラの病院に付き添っていたジェオンは、ナビと連絡が取れなくなったことを伝えます。

不安そうなジェオンの様子に、ナビに気持ちが傾いていると感じるソラ。
そのまま伝えると、「絶対に違う」とジェオンは否定します。

ソラは、付き合っていた男性と別れたことをジェオンに話した時、「なぜ?」と理由を聞かれたことに驚きを隠せない様子。
以前のジェオンとは、何かが変わったと気付いているようです。
ソラもまた、付き合う相手を1人に絞れないようで、相手の男性が耐えられなくなったのが原因でした。

あっさりと別れを受け入れたというソラから「ウジウジするのは嫌いでしょ?」と言われ、複雑な表情をするジェオン。

ナビと連絡が取れないことに、不安と寂しさを感じるジェオンでした。

【故郷での休暇】

ナビは、1週間ほどの予定で、田舎の叔母の家に帰省していました。

迎えに来てくれた叔母から、市場でドヒョクに会ったことを伝えられます。

ドヒョクもまた、「麺食堂」の開店準備のために、田舎へ戻っていたのです。

ナビがソウルへ発つ時、見送りに来てくれなかったのはドヒョクだけだったことを思い出すナビ。
叔母に、「ドヒョクが好きだった」と語ります。

叔母の家で、ソルからの電話を取ると、電話口ではジワンが応えました。

ジワンは、ナビが合宿にこれるように、ジェオンは参加しないと嘘をつきます。

学校でのソラとのやり取りを思い出し、自己嫌悪を感じたナビは、スマホの電源を切って、外に散歩に出かけました。

途中で、ナビに会いに来たドヒョクと出会い、2人はそのまま海に行くことに。

海辺でバーベキューをしながら、昔話をする2人。

今、付き合っている人や彼氏がいるいのか、ドヒョクに聞かれたナビは、「今はいない」と答えます。

ドヒョクは、ナビが初恋の相手だったと打ち明けます。
ナビがソウルへ行く時に、告白しようと思ったけど、彼氏がいると聞いて諦めたようです。

もし告白していたら、受け入れてくれた?と尋ねるドヒョクに、「仲が良かったから、連絡は取っていたと思う」と濁すナビ。

その答えに、「何か違っていたってことか」と笑って受け入れるドヒョクでした。

お酒を飲みすぎたナビは、そのままドヒョクの車で眠り込んでしまいます。

朝、叔母の家に戻ったナビは、叔母から「ナビ」という名前の由来を改めて聞きます。
本当は、ナビの母親が名付けたこと。
あらゆる経験をすべてい人生の糧になるように、との意味が込められていました。

恋愛に失敗ばかりしている母親を見て、恋愛をしないと決めたナビですが、叔母は「失敗していたらナビを授かっていない」とナビを励まします。

【変われない2人】

ギュヒョンは、2人の仲を友達に公表しようとビンナに提案しますが、ビンナは皆から色々言われるからと、受け入れません。

相変わらず、「出会い系」をやめようとしないビンナと、ビンナにお説教ばかりのギュヒョン。

ギュヒョンは、ビンナの本心がわからず、不安を感じているようです。

珍しく、教室にいたジェオンに話しかけるギュヒョン。ナビが合宿にくるかどうか尋ねますが、ジェオンは「わからない」と答えます。

ギュヒョンは、ナビがジェオンを真剣に想っていることを伝え、本気でナビに向き合うように促しました。

また、ビンナに対して感じている気持ちも、ジェオンに語ります。
プライドが邪魔をして、ビンナの前では素直になれない様子。

ジェオンは、ビンナにもギュヒョンと一緒にいる理由があるはずだ、と答えました。

【誕生日】

ジェオンのスマホに、誕生日を祝うメッセージが届きますが、そこにナビの名前はありません。

ソラも、お祝いを伝えに大学に姿を現します。
こっそりとジェオンからとっていたライターを、誕生日プレゼントとして返すソラ。
そして、先日ナビ「付き合っている」と嘘をついたことを打ち明け、謝罪します。

ジェオンは、ナビに「どこだ?話がある」とメッセージを送りました。

ホテルの1室へ向かうジェオン。
母親から、誕生日のプレゼントとして車のキーを渡されました。
母親は、「自分を大切にしないと、誰も愛してくれない」とジェオンに忠告します。

【突然の来訪者】

ドヒョクをナビは、自転車で朝市へ出かけます。
ナビが乗ってきた自転車が、いたずらをされてパンクしてしまいました。

居合わせたいとこのドヨンが気を利かせて、自転車を引き取り、ナビとドヒョクは2人乗りで帰ることに。

ドヒョクの食堂に帰り着くと、そこに1台の車が。

降りてきたのは、ジェオンでした。

ジェオンとドヒョクは、お互い名乗り合って挨拶をしました。

エピソード7へ続く

ユキ
ユキ

今回は、ナビの作戦勝ち!?って感じがしますね。
連絡を絶つことで、ジェオンの気を上手く引くことができました。

まぁ、この作戦が効くのも、ジェオンがナビに対して少なからず本気の想いを抱いているから・・ということもありますが。

完全に割り切った遊びの関係なら、数日連絡がなくても、そうそう気にならないはずですし。

それにしても、いきなり車で現れるとは。

ていうか、なんでソコがわかったの?(笑)

ドヒョクとジェオンの対峙、迫力ありましたね。
ますます泥沼化してくのでしょうか!ワクワクします。

ドヒョクは、イライラするくらい好青年ですよね。
ジェオンと比べるからでしょうか、もはや聖人です。

ナビも、あっさりとドヒョクが好きだったって言ってましたね。

でも、告白されていたら、付き合う程ではなかった・・と?

これは、ナビもなかなかの魔性っぷり!

ギュヒョンとビンナですが、一筋縄ではいかない感じですね。
「恋愛」の価値観が、全く違う2人。

ギュヒョンの懐が広がるのか、ビンナが改心するのか、どうなっていくのか楽しみです。

エピソード7:取り返しがつかないとわかっていても

【気持ちが揺らがないように】

ジェオンは、市場でナビとドヒョクを見かけて、2人の後を追って麺食堂を訪れ、ドヒョクと挨拶を交わしました。

ほどなく、合宿のためにビンナたちが麺食堂に到着します。

ジェオンときまずい様子のナビみて、「また何かされたの?」と気遣うジワン。
そんなジワンに、ナビは、自分がジェオンを怒らせたみたいと告げます。

部屋の案内を終えがドヒョクを、遊園地に誘うビンナ。
ナビと一緒にいたいドヒョクは、ナビの了承を得て、みんなと一緒に遊園地へ行くことに。

ナビとドヒョクは、ジェオンの車に乗り、遊園地に向かいます。
遊園地で親しげな2人の様子が気になるジェオン。

観覧車では、ビンナとジワンのお節介で、ナビとジェオンが2人でゴンドラに乗ることになりました。

ジェオンは、誕生日にナビから無視されて辛かったと吐露しますが、ナビは「誰かに祝ってもらえば?」と冷たくあたり、ソラに酷いことを言ってしまったことを、代わりに謝っておいてとジェオンに頼みます。

ジェオンは、ナビの手を取って「君に祝ってほしかった」と言いました。

見つめ合い、ジェオンの手がナビの頬に伸びますが、そのまま髪に付いたゴミを取る仕草。
ナビは、ジェオンが触れた髪を払い、「勝手に触らないで」と冷たく言い放ちます。

「そんなに嫌いか?」とつぶやくジェオン。

【嫉妬】

麺食堂に戻ると、市場でパンクした自転車を持ってきたドヨンが火を起こして待っていました。

ドヨンは、ジェオンを見かけると、すぐに気に入った様子で、早速アプローチを始めます。
積極的なドヨンに押されて、ジェオンは一緒にお酒を飲むことに。
そんな2人の様子を、複雑な想いで見つめるナビ。
「もう関係ない人なのに」と思いながらも、嫉妬してしまうようです。

ビンナから、ジェオンを避ける理由を聞かれ、ナビは「ジェオンには彼女がいる」と答えます。

ナビとドヒョクの親しげな様子に、みんなが「新婚さんみたい」とからかいます。
ドヒョクは、ナビが初恋の人だったことを告白。

それを聞いたジェオンの表情が、一瞬曇りました。

【ひそひそゲーム】

みんなで、「ひそひそゲーム」をすることに。

1人が、ある質問をこっそり隣の人に耳打ちし、質問された人は、その答えだけを発表します。
その質問の内容を聞きたい人は、お酒を飲むルール。

ギュヒョンは、「幼稚なゲームだ」とビンナに言いました。
合宿に来るところから、ギクシャクしている様子の2人です。

ジワンがビンナに質問し、「麺食堂の孫」と答えます。
質問が気になったギュヒョンは、お酒を飲みました。
酔っぱらっているジワンは、みんなに聞こえるように質問の内容を伝えます。
質問は、「好みのタイプは?」でした。

ドヒョクがナビに質問します。
ジェオンの顔を見ながら、ドヒョクがした質問は、「君を笑顔にする人は?」
ナビは、笑顔で「あなた」と即答えました。

満足げなドヒョクは、「先に海に行くから、あとでみんなを連れてくるように」、とドヨンにメッセージを送り、その場を離れます。

ドヨンが、ジェオンに質問をし、ジェオンは「ナビ」と答えます。

【ソルの葛藤】

お酒を飲み過ぎたジワンを、休ませようと部屋の中に連れて行くソル。
遊びに行くと暴れるジワンを、何とか寝かしつけます。
ジワンは、ソルに「あなたが一番好き」と泣きながら告白しました。

ソルが他の人と遊んだり、仲良くする様子が耐えられないジワンは、「私だけを見て」と懇願し、そのまま眠り込んでしまいます。

そんなジワンに、「気を持たせるのはやめて・・」と苦しそうにつぶやくソル。

【運命の人】

最近のジェオンの様子がおかしいと、仲間内でも噂になっていたようです。

ジェオンが「運命の人」と出会ったのではと騒ぎ立てました。

そこで、ビンナがジェオンに「気になる人はいる?」と直球の質問。
ジェオンは、「いる」と答えます。

次に「気になる人はここにいますか?」と聞かれますが、直後にドヨンがグラスを落として手を切ってしまい、質問はうやむやに。

【ドヨンの質問】

手当をするナビとドヨンを残して、みんなはドヒョクが花火の準備をしている海へ出かけます。

ドヨンは、ナビに、ジェオンとの関係を聞きますが、ナビは「みんな面白がっているだけで、何でもない」と答えます。

ドヨンから、ジェオンはナビに気があるのでは?と尋ねられ、その理由を聞くナビ。
ドヨンが、ひそひそゲームでジェオンにした質問は・・

「今晩、誰とキスをしたいですか?」

だったのです。

動揺しながらも、「あの人はそういう人、本気じゃないから気にしないで」と答えるナビ。

ドヨンから、海に誘われますが、疲れたからと叔母の家に戻ると告げます。

【消えた花火】

海では、みんなが花火を楽しんでします。

ドヒョクに写真を撮ってもらい、はしゃぐビンナを見て、ため息をつくギュヒョン。

1人で浜辺に座っていると、ビンナが花火を持ってやってきました。

ビンナが周りを気まずくさせる状況を作っていると責めるギュヒョン。
ビンナは、もうしないと受け流し、花火に火をつけました。

そんなビンナに、ギュヒョンは「もう俺を弄ぶな」と話し、「終わりにしよう」と別れを告げます。

ギュヒョンはその場を立ち去り、花火は消えてしまいました。

【取り返しがつかないとわかっていても】

ナビが食堂に残っていると、ジェオンがやってきました。

ジェオンは、ナビもケガをしていることに気付いており、手当をします。

ナビは、ジェオンにもてあそばれていると感じていました。
みんながいる場所で、なぜナビの名前を挙げたのか、ジェオンを責めます。

ジェオンは、ナビの腕を掴み、「本当にわからないのか?」と詰め寄りました。

ジェオンは、ナビの事を想い、ずっと会いたいと思っていたと訴えます。

「俺が嫌い?」と聞くジェオンに「彼女がいるくせに」と返すナビ。

「私には関係ない」と突き放すナビですが、ジェオンから「また逃げる気?君が嫌なら何もしない」と言われて抗えず、ジェオンを受け入れてしまいます。

ドヒョクからの電話を無視して、キスをする2人・・。

「次は歯止めが利かない」とつぶやくジェオンを、ただ熱く見つめるナビでした。

エピソード8へ続く

ユキ
ユキ

またしても、ジェオン沼にハマってしまったナビ。
抜け出すのは至難の業ですね。

ただ、ここまで観ていて、ナビが本当に「抜け出したい」と思っているようには見えないんですが。

「彼女がいるくせに」って言われた時のジェオンの返しが「それが問題?」ってどういうことでしょう!

そこが大問題なんや!!

こういうことをサラッと言えてしまうところが、ジェオンなのでしょうね・・。

「歯止めがきかない」と欲望をむき出しにしてきたジェオンを、この先ナビはどう受け止めていくんでしょうか。

明らかに、ジェオンもナビに対して特別な想いがあるということはわかるんですが、結局ジェオンって博愛主義者の性質は変わらないし、ナビが「彼女」になったとしても、ジェオンがナビ「だけ」を見てくれるとは思えないんですよね。

そう考えると、誰がどう見たって、ナビが本当に幸せになれる相手はドヒョクなんですよ。早く気付いて~~!

ビンナとギュヒョン、このまま破局を迎えてしまうのでしょうか?

これまでギュヒョン推しではありましたが、今回さすがにギュヒョン病みすぎってちょっと引きましたね。

みんなで楽しんでいる中で、ずーっと1人で不機嫌そうな顔をするのはナシですよ。だったら、行かなきゃいいのに。

価値観が全く真逆の2人ですから、衝突は仕方ないと思いますが、このまま終わっちゃうのは、あまりにも早すぎるとは思いますが。

そして、ソル・・。

ジワンに対して、特別な感情を抱いているのがハッキリしました。

きっと、ジワンに悪気はないし、本当にソルの事が大好きなんだと思うんですが、ソルと同じベクトルなのかどうか、わからないですよね。

その上での、ジワンのあの小悪魔的発言は、ソルにとってはかなり辛かったはず。

ソルの表情が、とても切なかったです。

物語もそろそろ終盤ですね。

今回、ドヨンが入り込んできましたが、次回からは消えていそうな気がしますが、どうでしょう(笑)

やっぱり、軸になるのは、ナビ・ジェオン・ソラ・ドヒョクの4人かな、と。

ナビが再びジェオンを受け入れてしまったことで、またドロドロしてきそうですね!

それはそれで、楽しみです♡

 

 

エピソード8:ウソだとわかっていても

【ドヒョクの告白】

ジェオンから「本当にいいの?」と聞かれ、何とか思いとどまったナビ。

食堂に戻ったドヒョクに、叔母さんの家まで送ってもらうことになりました。

途中、ドヒョクはナビに告白をしようと、トルコキキョウの花束を渡そうとします。

ジェオンの事を後ろめたいと思っているナビは、ドヒョクの気持ちを受け止める余裕がないと、花束を受け取りませんでした。

ナビの事を本気で好きなドヒョクは、自分の情けなさに涙を流すナビに胸を貸そうとしますが、ナビは申し訳ないからと断り、そのまま1人で叔母さんの家に戻ります。

食堂に戻ったドヒョクは、ジェオンから、ナビとの関係について挑発され、思わず、「あなたと過ごした時間は黒歴史だと言ってた」と反論しました。

【気まずい朝】

翌朝、ナビが目を覚ますと、叔母さんの家の前にジェオンの車が停まっていることに気付きます。

ジェオンは、叔母さんに陶芸が習いたいと言って訪ねてきたようです。

ジェオンがナビを追い詰めている人物だと察しをつけた叔母さんは、ナビに、話をした方が良いと伝えます。

ナビは、昨夜ジェオンのキスを受け入れてしまったことについて、酔った弾みだから忘れてほしいと告げると、ジェオンは、「君がそう言うなら」と返しました。

ジェオンは、ナビにドヒョクと付き合うのかと聞きますが、ナビは「あなたには関係ない」と冷たく答えます。

その答えに、笑いながら「傷ついた」と告げ、ジェオンは帰っていきました。

ドヒョクの食堂で朝食の席に着く仲間たちですが、ビンナとギュヒョン、ソルとジワンにとって、気まずい朝となりました。

ソウルに戻るナビを見送りに来たドヒョク。
手作りのブラウニーを渡します。

バスの外から電話をかけ、「やっぱり君を諦められない」と告白。

【運命】

ジェオンは、ナビを展覧会に誘います。

その展示会は、以前、ジェオンが「とびきりきれいな人」を見かけた場所でした。
その後、偶然の再開をしたと話すジェオン。

ナビは、それが自分の事を話していると気付きます。

ジェオンは、「俺が運命を信じるなら、運命だと思うくらい」と話しますが、ナビは即座に「信じないくせに」と返します。

ジェオンも「そのとおりだ」と即答。

【ドヒョクの努力

デッサンのモデルがドタキャンとなり、代役としてジェオンが教室にやってきます。

授業を終えたナビは、ドヒョクからの呼び出しで教室を出ました。

ドヒョクは、食堂の宣伝動画を見せるために、お弁当を持参でナビに会いに来たのです。

ナビは、自分の作品をドヒョクに見せてあげました。
自分の作品に自信がなく、謙遜するナビ。

ドヒョクは、「ナビは自分の魅力や才能に気付いていない」と諭します。

助手がみつかったか聞かれ、「後輩が2人」と答えるナビ。

ジェオンがそのうちの1人だと、ドヒョクに告げることができません。

自分を本気で想ってくれるドヒョクに対し、「浮気している気分」になってしまうようです。

ドヒョクだけはがっかりさせたくないと思うナビですが、校門でドヒョクを見送った直後、スマホに、交換留学生の不合格通知が届き、肩を落とします。

【弾みじゃない】

ジワンは、ソルに冷たくあしらわれる理由を思い出し、待ち伏せをしてソルに話がしたいと訴えます。

ソルは、ジワンに冷たい態度を取るのは、合宿の夜のジワンの行動が、酔った弾みだとしたら傷ついたからだと語ります。

そして、ソルは「私はあなたが好きだから」と告白しました。

ソルの本気の想いに戸惑うジワン。

「ごめん、好きになって」と謝るソルに、「弾みじゃないから謝らない、でもこれ以上は私もわからない」と告げて、その場を立ち去ります。

【蝶を見に行く?】

ジェオンと出会った場所に立ち寄るナビ。

その時、ジェオンから電話がかかりました。

電話を取れずにいると、ナビの背後にジェオンの姿が・・・。

ジェオンは、「蝶を見に行く?」と誘い、そのまま2人は見つめ合いました。

エピソード9へ続く

ユキ
ユキ

ナビは、まだドヒョクの想いを受け止めきれないようですね。

もったいない・・。

ドヒョクが根気強い人で本当に良かったです。

ちなみに、トルコキキョウの花言葉って花の色によって変わってくるんですよね。

日本と韓国では、若干違いがあるのでしょうか?

結婚式でよくみかける真っ白のトルコキキョウは、日本では「思いやり」「永遠の愛」です。ピッタリですよね。

ナビに手渡したトルコキキョウは、若干ピンクがかっていたので、日本では花言葉としては「優美」。

韓国では、一般的に「変わらぬ愛」になるのだそうです。

ナビもきっと、トルコキキョウの花言葉を知っていたんでしょうね。

だからこそ、ドヒョクの本気の想いを、ジェオンの存在が消せない現時点では受け取ることが出来なかったんだと思います。

真面目か!

ナビって、本当に不器用な女の子だなって思います。

これ以上、黒歴史を長引かせるのはやめてほしいんですけど、どうにもできないナビの気持ちも、わかるような気がします。

ソルが、ジワンに想いを伝えましたね!

真っすぐなソル、すごくカッコいいと思いました。

戸惑うジワンの気持ちもわかるし、複雑で難しいですよね。

とても切ない告白シーンに、思わずグッときてしまいました・・。

次回は、予告シーンで「付き合おう」という言葉が出てきました。

これは、もしやジェオンからナビへの言葉!?

ジェオン、いよいよ「遊び人」の汚名返上でしょうか。

エピソード9:もう終わりだとわかっていても

【付き合おう】

出会った時と同じバーでお酒を飲む2人。
ジェオンは、ナビとドヒョクの関係が気になるようです。
ナビは「あなたには関係ない」と突き放しました。

酔いを醒ますために、歩いて帰ろうとするナビでしたが、ジェオンは荷物を取に行くという名目でナビの後を追います。

部屋の前につくと、ジェオンはドヒョクに気付き、わざとナビの部屋の中に入ります。

涙を浮かべるドヒョク・・。

部屋で荷物を整理するナビ。
ジェオンはナビと過ごした日々を思い出しているようです。

「もう帰って」というナビに近寄り、キスをしようとしますが、「弾みはもうイヤ」と拒絶されてしまいます。
ジェオンは、ナビに「君と一緒にいたい」と迫り、「付き合おう」と告げ、去りました。

突然の告白に、「本気なのかな・・」と動揺を隠せないナビ。

翌日、ナビはソルに相談しました。
「告白せずに交際しようってどういうこと?」

ソルの答えは、
「ただのクズか、当然だから敢えて口にしないか」
でした。

ため息をつくナビ。

一方、ジェオンと一緒に部屋に入るナビを見て、ショックを受けるドヒョク。
料理の味にも影響が出ていました。

ドヨンから指摘され、ナビを諦めるように提案され、「諦めようか・・」と弱気になってしまいます。

【ペアのキーホルダー】

別れる前にビンナが注文していた商品が、ギュヒョンの住所宛てに届きました。
ギュヒョンは、開封せず、そのままビンナに渡します。

ビンナが知らない間に、ネットカフェでバイトを始めたギュヒョン。
ビンナは、ネットの口コミでギュヒョンに人気があることを知り、知り合いの男性と2人で様子を見に行きます。

ギュヒョンのスマホをこっそり覗き、自分の名前が「俺の輝き(ビンナ))」と登録されていることを知ったビンナは、仕事終わりにギュヒョンを誘います。

届いた荷物が、ペアのキーホルダーであることを告げ、復縁を提案するビンナ。
ギュヒョンもビンナの事が忘れられずにいたので、復縁を受け入れました。

【変わらない気持ち】

喫茶店で、ジュヒョクがソルを展覧会へへ誘い、「カフェで会った時から好きです」と告白しました。

「好きな人がいます」と答えるソル。

一方、ジワンは、ソルとの一件をナビに相談していました。
ソルの事が好きだけど、気持ちを受け入れると、必ず別れが来る時がくると不安になっているようです。

ナビは、相手も同じように悩んでいるかもしれないから話してみるように、とアドバイスしました。

関係をハッキリさせるべき、とソルと話をするジワン。
「いつか別れる時が来る」と不安を素直に話すジワンに、「私は心変わりしない」と告げ、ジワンを抱きしめて安心させました。

学校では、嬉しそうなソルを見て、ナビはジワンとの関係がうまくいっていることに気付きます。
ソルから、ジェオンとはお似合いだと言われたナビ。
「強烈に惹かれ合う相手に出会えることは奇跡だよ」ソルから言われ、ジェオンとの出会いは初めから間違っていたと話しました。

【蝶のブレスレット】

作品について、教授から厳しく批評され、落ち込むナビ。

ジェオンは、ドヒョクと電話で話すナビを見かけます。
評価が最悪だったことや交換留学生が不合格だったことを、ドヒョクには素直に話すナビを見て、ジェオンはすでにナビの気持ちが自分から離れていたことを感じます。

夜中まで作業をするナビを、車で送るジェオン。
降り際に、自作のブレスレットをナビにプレゼントしました。

【ソラの決意】

ソウルを訪れていたドヒョクが、偶然にも同じカフェで、ソラとジェオンを見かけます。

ジェオンとの関係にウンザリしたソラは、「もう会わない」と告げ、お別れのハグをしてその場を去りました。

アメリカへ戻るために、空港にやってきたソラ。
バッグに入っていたジェオンのライターを、ゴミ箱に捨てました。

【もう終わりだとわかっていても】

ソウルにやってきたドヒョクと会った帰り道、ドヒョクは、ナビの部屋にジェオンが入るところを見たと告げます。

ナビに幸せになってほしいドヒョクは、ジェオンが一度でも真剣だと感じたことがあるかと尋ねますが、ナビはその問いに答えることができません。

ナビが家に戻ると、家の前には酔っぱらったジェオンが・・・。
ドヒョクと会っていたのかと詰め寄るジェオン。
ナビは、ジェオンがわざとドヒョクに家に入るのを見せたことを知り、「付き合おう」と言ったのはそのせいだと気付いて怒ります。

言い争いになる2人。

ナビは、吐き捨てるように言いました。
「もう二度と現れないで」

そのまま家に入り、玄関で泣き崩れるナビ。

ジェオンは、完全にナビを失ったことに気付きます。

エピソード10(最終回)へ続く

ユキ
ユキ

実は、ジェオンって女慣れしているかと思いきや、かなり不器用な人ですよね。

素直な気持ちを伝えることができない・・というか、何が自分の本当の気持ちなのか、ジェオン自身もわかっていないのかもしれません。

多分、ジェオンはナビの事がとっても好きなんだと思います。

その純粋な気持ちが初めてで、どう扱っていいのか自分でもコントロールできないように見えます。

だとすると、すごく不憫ですよね。

結局、元カノのソラからも、ナビからも、絶交宣言をされてしまいました。

自業自得や!と思わなくもないですが、ちょっとかわいそう・・・。

いやいや、私までジェオン沼にハマるわけにはいきません。

ドヒョクも、ずいぶん積極的に頑張っていますよね。

健気なドヒョクの想い、ナビに届いてほしいです。

気になっていたソルとジワン、上手くいったみたいで良かった♡

色々・・色々あるんでしょうけど、この2人の関係はこのまま、続いてほしいです。

ビンナとギュヒョンも復活!

「ビンナ」って、「輝き」という意味があるんですね。

スマホに「俺の輝き」って登録する、ギュヒョンの意外な一面がわかって面白かったです。

いよいよ、次回は最終回!

ソラが離脱したので、ナビ・ジェオン・ドヒョクの3人に、最終的にどのような結末が待っているのか・・終わるのが寂しいですが、ナビの決断が楽しみです!

エピソード10:最終話 わかっていても、それでもやっぱり

【共同作業】

ジェオンとの別れに憔悴しきっていたナビに、さらなる悲劇が襲い掛かります。
教室の天井に付いていたファンが、運悪くナビの作品を直撃し、壊れてしまったのです。

展示会が迫っている中、ただ茫然と涙を流すナビ。

ソルから事情を聴いたジェオンは、教室に駆け付けます。

もう一度、やり直そうと提案するジェオン。
作品が完成したら、もう二度とナビの前に現れないと約束します。

再び、ナビとジェオン、ヨンスの3人で製作に取り掛かりました。
初めは気まずさを感じたナビですが、作業に集中する中で、まるで何もなかったかのように、徐々に気にならなくなります。

無事に完成した作品を前に、ジェオンはナビに「君は作業をしている時が一番幸せそうだ」と告げます。

その言葉を最後に、ジェオンはナビの元から姿を消しました。

ジェオンは、自分の作品や道具を処分し、自宅も片付け、部屋に飼っていた蝶も開放していたのです。

ジェオンの道具の一部を譲ってもらったヨンスは、ジェオンから預かったスケッチブックをナビに渡します。

スケッチブックを眺めながら、ジェオンへの想いを巡らせるナビ。

スケッチブックの最期には、ナビの自画像が描かれていました。
さらに、花束を持った女性の姿が・・。
それは、以前にジェオンが語っていた「雪の降る日に、個展で出会ったきれいな人」を描いたもの。
ナビは、それが自分であると気付きます。

ナビは、ジェオンの家の前まで行き、電話をかけますが、すでに電話は繋がらない状態でした。

【展示会】

いよいよ、展示会当日。
ナビは、ジェオンからもらった蝶のブレスレットを身に着けていきます。

作品は、展示会会場で映え、教授からの評価も上々でした。
「パリに行かなきゃね」と教授からハッパをかけられ、素直に「はい、行きたいです」と答えるナビ。

「本能の赴くままに欲望に従えばいい」とのアドバイスを受けました。

花束を持って、ドヒョクが現れます。
ドヒョクに作品の解説をしていたナビでしたが、一瞬、ジェオンの姿を目にすると、ドヒョクをその場に置き去りにしてジェオンを探しに会場の外へ。

ところが、ジェオンを見つけることはできませんでした。

ナビの後を追ってきたドヒョクは、ナビの気持ちがまだジェオンにあることを指摘します。
自分の気持ちを認めたナビは、ドヒョクに謝りました。
ドヒョクは、ナビのおかげで幸せな時間を過ごすことが出来たと、全くナビを責めることもなく、その場を立ち去りました。

【運命の再会】

展示会の後、仲間たちと打ち上げをしていたナビ。
ギュヒョンとビンナの交際も公となり、ソルとジワンも上手くいっているようです。

ナビは、1人、展示会の会場を訪れました。

誰もいないはずの展示会会場では、ナビの作品がライトアップされ、浮かび上がった作品の前に、ジェオンが立っていました。

運命や愛は信じないナビでしたが、目の前の光景に、思わず胸が高鳴ります。

ジェオンの隣に並ぶナビ。
なぜここにいるのか、何がしたいのか、と一方的にまくし立てました。

ジェオンは、ナビの手首に付けられた蝶のブレスレットを見つけると、「チャンスはまだある?」と尋ねます。

ナビは、ジェオンのことを、「人の心を弄ぶ最低のクズ」呼ばわりしますが、「会えてホッとした」と本心を打ち明けます。

自分からジェオンに「付き合おう」と告白したナビ。
後悔することも、覚悟の上での告白でした。

ジェオンは、目に浮かんだ涙をそっと拭い、2人はキスをしました。

傷つくとわかっていても、離れることができなかったようです。

【エピローグ】

女の子から連絡先を聞かれたジェオンは、ナビの姿を見ると断ります。
デート中に手を繋ぐナビとジェオン。
ドヒョクの姿を見かけたナビは、一瞬、手を振りほどこうとしますが、思い直して、手を握りなおしました。

ビンナのおススメのパスタ屋さんへ向かう2人。
途中で猫を見かけたジェオンは、「猫を飼おう」と提案しますが、ナビは「もう何も飼わないで」と警告。

「蝶も?」と聞くジェオンに、「うん」と即答するナビでした。

ーわかっていても シーズン1 The Endー

ユキ
ユキ

毎回、ハラハラドキドキそしてイライラ(笑)の「わかっていても」、ナビとジェオンが結ばれる(?)結末となりました。

最終回のタイトルを見た瞬間に、結果はわかっちゃいましたけどね。

結局、「傷ついてもいい・・後悔してもいい・・だって好きなんだもん!」ということでした。

それだけの覚悟をもっての決断ですから、ナビもよく頑張りましたよね。

これまで、女の子と真剣に向き合うことがなかったジェオンが、ナビと出会って、最後は涙まで流すんですから、大したものです。

これでジェオンは人が変わったように、ナビ一筋に・・!なってくれるといいのですが。

私の個人的な気持ちとしては、やっぱり・・ドヒョク一択なんですけどね!

ドヒョクは、最後まで本当に優しくて良い人でした。

ナビを本気で好きなことが、わかりすぎるほどわかって、切なかったです。

もともとモテモテだったようですが、さらに人気も出てきたことだし、ナビ以上の素敵な女性と巡り合いますように・・。

ソルとジワンのイチャイチャぶりが可愛すぎて、ニヤニヤしちゃいましたね。

ビンナのPCのパスワードにも吹きました。

ほとんど触れませんでしたが、助教とミニョンも最終的にはくっついたみたいですね。

選択には賛成できませんが、泣いている印象が多かったナビが最後は笑顔で終わってくれて、本当に良かったです♡

【Netflix】「わかっていても」の感想は?

まず驚いたのが、「わかっていても」はWebマンガが原作ですが、その結末では、ナビとジェオンはハッピーエンドではなく、ナビはドヒョクを選んでいるとのことで、ドラマ版では、結末を大きく変えてきたところです。

私もてっきり、ナビはドヒョクを選ぶだろうと思ってたのですが。

ただ、今回はシーズン1なので、もしまだ続くとすれば、本当に本当の最後はわかりませんね。

「わかってても」は、とにかく主役の2人のビジュアルが本当に美しかったので、毎回毎回、目の保養でしたね。

全体的に、1つ1つのシーンの画がとてもキレイだったので、引き込まれてしまった印象です。

ドラマの開始当初は、結構きわどいシーンが話題(R19だったかな)になったりもしていましたが、それって結局初めの2回くらいまで?だったような気がしますね。

べっ・・べっ・・別にそれを期待してみていたわけではありませんが!

ラストもキスシーンだけだったので、なんかキレイに終わったなぁ・・という感じです。

ナビの決断に対しては、やっぱり「若さゆえ」の部分が大きいと思うし、それを否定するわけでもありません。
傷ついても、後悔しても、好きなもんは好きなんですよね。
止められない想いで突っ走る、そんな経験も必要かもしれません。

ドラマ後半になるにつれ、ジェオンの気持ちにも変化が出てきました。
もしかしたら、ナビとだったら、今までの女の子たちとは違う関係性を築けるのかも?とわずかな期待があります。
ただ、結局、なぜジェオンが女性に対してこんな風になってしまったのか・・・ドラマ内でそこまでの深堀りがなかったのが残念でした。

ほぼ育児はほったらかし状態だった母親との関係性?
複雑な家庭環境?
ソラとの付き合い方はどうだったのか・・

なんだかそのあたり、もっと色々知りたかったです。

以上で、「わかっていても」の感想はおしまいです。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

シーズン2があれば、またお会いしましょう♡

韓流ドラマはU-NEXTがおススメ!

韓流ドラマ、お好きですか?

私はオリジナルドラマが好きなので、オリジナルが豊富なNetflixを良く観ていますが、「韓流ドラマ」に的を絞ると、圧倒的におススメなのは U-NEXTです。

日本での主な定額制動画配信サービスの中で、U-NEXT韓流作品数が最多

Netflixには、お試し無料期間がないのですが、U-NEXTには31日間無料トライアルがありますので、たっぷり視聴できますね♡

韓ドラ観るならダンゼンU-NEXT

 今すぐ無料お試し

31日間無料トライアル実施中♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました