【手作り発酵食品】ヨーグルトメーカーで作る「米麹甘酒」の作り方

手作り甘酒手作り発酵食品

発酵食品を手作りって、難しそうですか?
確かに、発酵食品は温度にとても敏感なんです。
低すぎると発酵しないし、高すぎると菌が死んでまう。

そこでおススメするのがヨーグルトメーカーです。
ヨーグルトメーカーにも色々タイプがありますが、選ぶ時のチェックは・・・

・温度調節ができる
・タイマー機能がある

この2つの機能があれば十分です。
3,000円くらいで購入できると思いますよ。
温度でハラハラするより、ヨーグルトメーカーに任せてしまえば失敗知らずで安心!
あとは、料理用の温度計をご用意ください。

それでは!

今回は、米麹を使った甘酒の作り方をご紹介します。
甘酒については、ぜひこちらもご覧ください。

美味しくて栄養たっぷり!「飲む点滴」と言われる甘酒について
あなたは、甘酒がいつの季語が知っていますか? 実は、「夏」なんです。 なんとなく、冬に身体を温めるために飲むイメージがありますよね。 実際は昔から、食欲や体力が落ちる暑い夏の時期に冷やして飲むのが一般的だったため、夏の季語となっていま...

【材料】

・米麹(生)   200g
・炊きたてご飯  400g(1合より気持ち多めくらい)
・水       260cc

【作り方】

  1. 麹を手でよくほぐす
  2. 炊き立てご飯をヨーグルトメーカーの容器に入れ、水を注ぐ
  3. 50℃~60℃まで冷ます
  4. ①の麹を混ぜる
  5. ヨーグルトメーカーのタイマーを8時間、温度を55℃に設定してスタート

完成

出来上がった米麹甘酒は、「甘酒の素」となります。
かなり濃度が濃いので、飲む時はお好みで薄めてください。

出来上がりは、麹やお米のプチプチ感が残っていますので、食感を楽しむこともできますし、苦手な方や調理に使いたい方は、ミキサーでなめらかにすると使いやすいです。
砂糖の代わりに使うこともできますよ。

保存

出来上がった甘酒は、必ず冷蔵庫に保管して、1週間を目安に飲み切るようにしてください。
多すぎて飲めない場合は、冷凍保存してください。
上記の作り方で、私は毎日大さじ2杯の甘酒の基を薄めて飲んでいますが、大体2週間分くらいになります。
なので、ちょうど半分量を容器に入れて冷凍するようにしています。

ちなみに、甘酒のカロリーは100gあたり81kcal。
美味しいからと言って飲み過ぎないように気をつけてください。

1日1杯の甘酒、あなたも習慣にしてみませんか?

ユキ
ユキ

私は、豆乳で割るのがお気に入りです。
しょうがを入れて、少し温めて飲むと身体がポカポカになりますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました