ディーゼル車で尿素水は日本でも使われている?尿素水はどこで買えるのか価格も調査!

ライフスタイル

韓国で、ディーゼル車の排ガスを浄化するために必要な「尿素水」が不足していると大騒ぎになっていることが報道されました。

ディーゼル車に「尿素水」が使われているということを、初めて聞いた人も多かったようですね。

そこで今回は、『ディーゼル車で尿素水は日本でも使われている?尿素水はどこで買えるのか価格も調査!』という内容でまとめていきたいと思います。

ディーゼル車で尿素水は日本でも使われている?

ディーゼル車は窒素酸化物を多く排出するため、その排ガスを浄化するために、触媒で「尿素水」と反応させています。

尿素水」のおかげで、排気ガスによる汚染を抑えているんですね!

中国から韓国への「尿素水」の原料となる尿素の輸出がストップしたため、韓国ではマスク騒動にも似た尿素不足が問題となりました。

日本でもディーゼル車は普及していることもあり、日本のディーゼル車でも「尿素水」が必要なのか疑問に思っている人も多いようです。

そもそも、ディーゼル車が排出する窒素酸化物を浄化するシステム「尿素SRC」は、日本で実用化された技術です。

もちろん、日本でも、マツダを除く多くのディーゼル車で「尿素水」が使われていますよ。

マツダのディーゼル車に採用されている「SKYACTIV-D」エンジンについては、触媒が不要となっており、「尿素水」が必要ありません。
このことは、コスト的に大きなメリットとなっており、現在ではマツダの重要な主要ユニットの一つになっています。

日本のディーゼル車で使われている尿素水の購入先と価格は?

尿素水はどこで買える?

「尿素SRC」は、「AdBlue(アドブルー)」という尿素溶解液を使用します。
この「AdBlue(アドブルー)」は、調査したところ、以下の場所で購入可能です。

  • ガソリンスタンド
  • ディーラー
  • 整備工場
  • 楽天

スタンドやディーラーはもちろん、ネットでも普通に購入することが出来ます。

AdBlue(アドブルー)」は、一般乗用車だと6,000kmから12,000km程度で補充が必要となってくるため、ディーラーや整備工場によっては、車の法定点検や車検時に入れてくれるところもあるようですよ。

点検時に、整備士さんに確認してみるといいですね!

尿素水の価格はいくら?

AdBlue(アドブルー)」の価格について、楽天で調査をしてみたところ、韓国で深刻な品不足となっている栄養もあり、日本でも在庫切れのお店が多くなっているようです。

こちらのお店では、20Lで18,480円 (税込)で販売されていました。

AdBlue(アドブルー)」の補填は、ウォッシャー液を入れるのと同じような感覚で、簡単に補填することが出来るので、大容量を購入して自宅で保管する人も多いようです。

保管期間については、高温になると劣化が早いので気を付けてください。
30度以下の保管で約1年ほどのようですので、あまり車に乗らない場合は、都度スタンドやディーラーで補填した穂が良さそうですね。

まとめ

今回は『ディーゼル車で尿素水は日本でも使われている?尿素水はどこで買えるのか価格も調査!』という内容でまとめてみました。

ディーゼル車で採用されている「尿素SRC」は、日本で実用化された技術です。
そのため、マツダを除くほとんどのディーゼル車で、尿素溶解液「AdBlue(アドブルー)」が使用されています。

走行距離に応じて補填の必要があり、ディーラーやガソリンスタンドで補填する他、ネットショッピングで購入して、自分で補填することも可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました