ヘンリー王子とメーガン妃の訴訟(裁判)が多いのはなぜ?賠償金の行方は?

時事・ニュース

ヘンリー王子は、2020年10月に掲載された根拠のない記事により名誉を著しく傷つけられたとして、イギリスの新聞社『アソシエイテッド・ニュースペーパーズ』を提訴しています。
2021年2月1日、高等裁判所で、同社は記事に書かれた内容が全て嘘だったと認め、ヘンリー王子は謝罪と賠償金を受け入れる発表をしました。

2018年にメーガン妃と結婚してから、ヘンリー王子夫妻はこれまでいくつかの訴訟を起こしています。

今回は、ヘンリー王子夫妻がなぜこれほど訴訟を起こすのか、またその訴訟で得た賠償金をどのように使われるのかについて考察してみました。

ヘンリー王子とメーガン妃の訴訟について

ヘンリー王子とメーガン妃の私邸盗撮事件

ヘンリー王子とメーガン妃が結婚した2018年のその翌年、私邸を低空飛行のヘリコプターで撮影するなど、ヘンリー王子とメーガン妃のプライバシーを侵害する行為を行ったとしてスプラッシュ・ニュース・アンド・ピクチャー・エージェンシー社を提訴。
この際、ヘンリー王子には、受けたダメージと法的費用に対し多額の賠償金が与えられましたが、それらはすべてチャリティーへの寄付と裁判費用に充てられたとのことです。
安全性の問題から、夫妻はこの後、私邸を引き払ったそうですから、かなりダメージを受けたことがわかりますね。
ベッドルームまで撮られていたそうですから、お気持ちは察するに余ります。
Embed from Getty Images

メーガン妃の手紙を無断で掲載事件

同じく2019年、メーガン妃が実父に宛てて書いた手紙の一部を無断で公開したとして、イギリスのタブロイド紙と『アソシエイテッド・ニュースペーパーズ』を提訴。
著作権侵害、個人情報の不正利用、データ保護法の違反との主張ですが、2020年に行われた第一審では、メーガン妃の主張が却下される裁定となりました。
もしかすると敗訴も?と囁かれる中、今後の裁判の流れが気になるところです。

アーチー君ドローン盗撮事件

夫妻がロサンジェルスで暮らしていたころ、ヘンリー王子とメーガン妃の一人息子、アーチー君をドローンで撮影したことでパパラッチを訴えています。

カナダの森盗撮事件

さらに、夫妻がバンクーバーで生活している時に、メーガン妃とアーチー君が森の中で散歩しているところをパパラッチが撮影し、スプラッシュニュースが複数の新聞社に売却したとして提訴しています。

Embed from Getty Images

ヘンリー王子名誉棄損事件

そして冒頭の、ヘンリー王子に対するタブロイド紙の名誉棄損です。

書かれていたのは王子と海兵隊の関係。昨年4月に王室を離脱するのに伴い、王子は3月をもって軍隊での職も辞任した。同紙は「軍の最高司令官たちはヘンリー王子がイギリス海兵隊に背を向けたと非難している」と報道、ウェブサイトでも同様の記事を掲載した。

軍隊で10年以上のキャリアを気付いてきたヘンリー王子にとって、このような虚実の記事が載せられることが許せなかったのでしょうね。

ヘンリー王子とメーガン妃の訴訟が多いのはなぜ?

2020年3月31日をもって、ヘンリー王子夫妻は王室の公務を引退していますが、世間の興味関心を引く存在であることに変わりはありません。

とはいえ、大切な家族を守るために、どんなに些細なことも見逃さず訴訟を起こすことには、「プライバシーは絶対守る」という断固たる姿勢を示すという強い意志が込められているのではないでしょうか。

Embed from Getty Images

ヘンリー王子とメーガン妃の裁判で得た賠償金の行方は?

これまでの訴訟で勝訴したものについて、その多額な賠償金の使用用途は、『裁判費用』と『寄付』に充てるとされています。

ヘンリー王子は、負傷した兵士のためのスペシャルオリンピックゲーム「インビクタス」を開催するインビクタスゲーム財団を立ち上げていますので、その財団への寄付となるのでしょう。

実はこの財団、本来であれば2021年にカリフォルニアであるイベントを開催する予定でした。
このイベントも、「インビクタス」の資金集めだと言われています。
ヘンリー王子夫妻はもちろん、ビヨンセやエド・シーランが出演し、日本円で約1.4億円の資金が集まるはずでした。

Photo: Getty Images

ところが、これが急遽中止になってしまい、インビクタスの資金も底をつきかけている状況の中で、財団の運営もかなり厳しいものになっているとか。

今回、ヘンリー王子が得た賠償金で財団を立て直し、無事にイベントが開催されるようになればいいですね。

まとめ

今回は、私生活が訴訟だらけになっている印象があるヘンリー王子夫妻について、その裁判の内容となぜそんなに裁判が多いのか、またその賠償金は何に使われるのかについて考察してみました!

公務は引退したとはいえ王室の方ですから、注目が集まるのはどうしても仕方のないところはあると思いますが、プライベートは絶対に守り抜きたい!というヘンリー王子夫妻の断固として戦う姿勢は素晴らしいと思います。

最近、Netflixと契約してプロデュース側の仕事をすることが報道されたヘンリー王子夫妻。
なんとその契約金は日本円で約156億8000万円というから驚きです。

引退発表の際、高位王族の地位から退くことで「経済的に自立」できると公言されましたし、今後のご活躍も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました