山田真貴子内閣広報官の入院先の病院はどこ?病名や辞職理由は?天下りの時間稼ぎと話題!

時事・ニュース

山田真貴子内閣広報官が、出席を予定していた1日の衆院予算委員会を欠席し、同日付で辞職願を提出し、受理されたことが報道されました。

山田真貴子内閣広報官は、前日の2月28日夕方に体調不良を訴え、東京都内の病院に入院したとのことです。

今回は、『山田真貴子内閣広報官の入院先の病院はどこ?病名や辞職理由は?天下りの時間稼ぎと話題!』として、あまりの事態の急展開についてまとめてみたいと思います。

山田真貴子内閣広報官が辞表を提出!

山田真貴子内閣広報官が、体調不良で職務遂行が難しいとして辞表を提出し、3月1日付で受理されたことが加藤勝信官房長官により発表されました。

山田真貴子内閣広報官といえば、菅義偉首相の長男である菅正剛氏から約7万4千円分の和牛ステーキと海鮮料理の接待を受けていたことが問題となっていましたね。

この件について、山田真貴子内閣広報官は、給与報酬月額の10分の6となる70万5000円を自主返納することになりました。
つまり、山田真貴子内閣広報官の給与は、地域手当などを含めると月額で約140万円ほどになりますよね。
かなりの高給であることがわかります。
ただし、「自主返納」とは、あくまで個人の自由とも言えます。
本来あるべき懲戒処分が必要だったのではないでしょうか。

女性初の内閣広報官として、昨年9月からの菅政権の元、菅義偉首相の会見を取り仕切ってきた山田真貴子内閣広報官は、高級接待問題後も、その職務を続投の意向を菅義偉首相自ら示していたにもかかわらず、急転直下での辞職となりました。

このタイミングでの入院、辞職については、ネット上にも大変厳しい声が上がっています。

 

「都合が悪くなると入院に逃げる」という風潮は、永田町では風物詩と言われるほど、頻繁にみられる光景です。
安倍政権時、「口利き」問題が明るみに出た甘利明元経済再生担当相も、結局は「睡眠障害」を理由に説明責任を果たすことがなかったのは、記憶に新しいですね。

過去に2度の手術履歴があるという山田真貴子内閣広報官ですから、今回の入院が「仮病」であるとは限りませんが、あまりにもタイミングが良すぎるため、世間はどうしても疑いの目を向けてしまうようです。

山田真貴子内閣広報官の入院先の病院はどこ?

山田真貴子内閣広報官が入院した病院は、明らかにされていませんが、政治家の御用達ともいわれる病院である可能性が高いですね。
今回は、山田真貴子内閣広報官が入院している可能性のある病院を推測して、下記の3病院を挙げてみました。

山田真貴子内閣広報官の入院先の病院①【虎ノ門病院】

一番可能性が高いと言われるのは、国会議事堂からわずか10分の距離という、東京都港区の虎ノ門病院です。
虎ノ門病院は、昔から大物政治家の御用達と言われており、電話1本で即入院も可能なのだとか。

また、現オリンピック組織委員会の橋本聖子会長が、フィギュアスケートの高橋大輔選手へのセクハラ問題で騒がれた時に入院したのもこの虎ノ門病院だったようです。

山田真貴子内閣広報官の入院先の病院②【順天堂大学医学部附属順天堂医院】

東京都文京区順天堂大学医学部附属順天堂医院は、セキュリティーに関し“鉄壁”ともいえる徹底管理で知られ、政治家などVIPの信頼が厚いと言われています。

92歳で亡くなった女優の森光子さんが入院していたとされるのも順天堂病院です。
密葬後の14日、事務所からの公式発表まで病状がマスコミなどへ漏れることが一切なく、ご友人たちも全く分からなかったというほどで、そのセキュリティーの高さは素晴らしいですね。

山田真貴子内閣広報官の入院先の病院③【慶應義塾大学病院】

東京都新宿区の慶応病院慶応義塾大学病院も、政界御用達の病院として有名です。
その理由としては、情報管理が徹底していることで、安倍晋三元首相が、持病の潰瘍性大腸炎で6検査や治療を行ったのも慶応病院慶応義塾大学病院だと言われています。

山田真貴子内閣広報官が入院した病名は?

山田真貴子内閣広報官が入院した病名についても、公表はされていません。
過去の2回の入院についても、病名を調べてみましたが見つけることができませんでした。

ご自身で『飲み会を絶対に断らない女』と発言されるほど、実は体育会系ノリの山田真貴子内閣広報官ですから、そもそも身体が弱いことはないと思います。

やはり、一番考えられるのは、この一連の問題からくる『ストレス』ではないでしょうか。
世間から上がる厳しい声も、当然、山田真貴子内閣広報官にも届いていることと思います。
「仮病」と一言で片付けて、山田真貴子内閣広報官を一方的に責めることは、さらに山田真貴子内閣広報官を追い詰めることにはならないでしょうか。

丸山穂高議員の投稿にも、一理あると思います。

山田真貴子内閣広報官が辞職した理由は?

山田真貴子内閣広報官が辞職した理由として、もちろん、今回の体調不良により職務遂行が不可能と判断されたことが一番大きいでしょうね。
今回の件で、大きな責任を感じていらっしゃるでしょうし、メンタル的に受けたダメージも相当なものではないでしょうか。

ただ、それ以外にも「天下りの時間稼ぎ」という、山田真貴子内閣広報官にとっては不本意ともなる声も出ています。

それに輪をかけるように、山田真貴子内閣広報官と阿倍元首相の夫人である昭恵さんとの関係が明るみに出たことで、より一層、疑惑が高まっているようです。

山田真貴子内閣広報官がしたたかに昭恵夫人に取り入って、出世街道を進んだような印象を与える内容ですね。

その処世術で、内閣広報官を辞職した後も「天下り」を狙っていると思われるのかもしれません。

【追記】

3月3日、辞職した山田真貴子元内閣広報官の後任に、外務副報道官の小野日子さんの就任が発表されました。
小野日子さんに関しては、コチラの記事もご覧ください。

小野日子の経歴や出身大学はどこ?家族構成は夫と子供1人でエリート外交官一家?
3月1日付で辞職した山田真貴子元内閣広報官の後任として、外務副報道官の小野日子さんの就任が発表されました。 山田真貴子元内閣広報官の関連記事は、コチラをご覧ください。 今回は、『小野日子の経歴や出身大学はどこ?家族構成は...

まとめ

今回は、『山田真貴子内閣広報官の入院先の病院はどこ?病名や辞職理由は?天下りの時間稼ぎと話題!』という内容でまとめてみました。

学歴経歴ともに申し分なく、これまで国の重要なポストで「女性初」となる役職を担ってきた山田真貴子内閣広報官が、今回の高級接待問題で黒歴史を作ってしまったことは、大変残念です。

ゆっくり休養された後は、ぜひ説明責任だけは果たしていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました